人気ブログランキング |

風つうしん

kazetushin.exblog.jp ブログトップ

タグ:のりもの ( 54 ) タグの人気記事

4日目(1)松広寺へ 2019.3.23

順天には曹渓山をはさんで僧宝寺刹として有名な松広寺と昨年世界遺産となった仙岩寺、ふたつの寺院があります。
松広寺と仙岩寺は歩いても行けるというのは日本の方のブログでか、韓国の方のブログでだったか、記憶にありませんが随分前に知りました。そしてちょうど中間地点に麦飯のビビンバがいただける店があるというのもどうやって見つけたのかも覚えていませんが知っていました。
d0115985_12242764.png
松広寺から仙岩寺まで歩いて、昼食に麦飯ビビンバを食べよう。。。
順天に行ったら必ず実行しようとずっと思っていました。
順天から松広寺までは一日10本のバスで1時間30分、松広寺入口のバス停から35分ほど歩きます。
仙岩寺までは一日17本のバスで約1時間、やはり30分ほど歩いて到着です。
バス代はどちらも1250ウォンと安いのですが、遠い。。。

仙岩寺から出発しようか、松広寺からにしようか、いろいろ考えましたが、タクシーで松広寺まで行って歩くことにしました。タクシーだと降りてから15分ほどで松広寺に到着します。

7時頃に順天駅前からタクシーで松広寺まで行って、お寺を拝観し、9時ぐらいに仙岩寺にむけて出発する予定です。
これをホステルのサジャンニムに言うと「松広寺は遠いよ、タクシー代がかかるから仙岩寺からにしたら」と言われました。
確かにカカオマップで見ると松広寺までのタクシー代は30900ウォン+高速道路料金1400ウォン、安くはありません。「お金持ちだから大丈夫」と言って大笑いしましたが、帰る時の交通の便が少しでも良いほうが安心です。

7時過ぎに順天駅のタクシー乗り場からタクシーにのり、松広寺にむかいます。
45分で松広寺に到着、高速道路を通らずに来たので50400ウォンでした(値上げしたようで今はもう少しかかるようです)
d0115985_12535621.jpg
松広寺へも渓谷沿いの道を歩いていきます。
d0115985_12533278.jpg

すぐに入場券売り場に到着
d0115985_18011600.jpg
入場料は大人ひとり2000ウォンです。
d0115985_12530857.jpg
こちらでパンフレットもいただいて

15分ほどで松広寺の一柱門に到着しました。
d0115985_18014801.jpg








by kaze-24 | 2019-06-25 13:14 | 2019.3 求礼 順天 | Comments(0)

3日目(5)順天へ 2019.3.22

華厳寺から30分たらずでペンションに戻るとペンションのアガシが預けていた荷物を持って出迎えてくれました。
求禮公営バスターミナル行きのバスの時間が迫っていたのでお礼もそこそこにペンションを後にしました。

郡内バスの時間は朝にチェックしています。
ブルーで囲ったのが終点の出発時間です。
「화엄사」とあるのがここの出発時間です。
d0115985_16424048.jpg
12時40分発の郡内バスに乗るつもりでバス乗り場に来ると赤と白の市外バスが停まっていました。
バスのそばにいたギサニムに出発時間を聞くと12時45分発とのこと、こちらでバスターミナルまで行くことにしました。運賃は1人1500ウォン、交通カードは使えません。
ギサニムが荷物をバスの下の荷物入れに入れろと言います。バスの中に持っていくというと「むごっちゃな(重いだろ)」って。。。そういう問題ではないんですが、、、乗客が勝手に入れて勝手に出す韓国のシステムはどうも馴染めません。「けんちゃなよ」と言ってキャリーを担いでバスに乗り込みました。

12時40分にブルーと白の郡内バスがやってきてあっと言う間にもと来た道を走って行きました。
12時45分になって市外バスも出発、10分ほどで求禮公営バスターミナルに到着。

求禮のバスターミナルは韓屋風のちょっとステキな外観です。
d0115985_16431133.jpg

順天までは1人4700ウォン、次のバスは1時20分だと売り場のアガシが教えてくれました。
d0115985_16433599.jpg
NAVERのアプリでは13:10、13:40、、、とあったのですが、改訂があったようです。求禮郡庁のHPでチェックできます→

建物の正面がバス乗り場、右側が郡内バス、
d0115985_16441771.jpg

左側が市外バス乗り場
d0115985_16435968.jpg
順天行きは4番乗り場から出発します。

d0115985_16443789.jpg

約40分で順天に到着。
バッグターミナルのホールでタブレットの地図を見ていると観光案内所の方から「日本人ですか」と日本語で声をかけられました。案内所の方は日本人でした。我々が日本人に見えたので声をかけたと。。。
これ幸いと順天で泊まるホステルでチェックイン前に荷物を預かってもらえるか聞いていただきました。ついでにホステルの場所はイディヤコーヒーの上にあるとわかっているけれど、入り口が何処かわからないので聞いていただくと、ホステルのサジャンニムがコーヒー店の前で待っていてくださると、、、

タクシーで順天駅そばのホステルにむかいます。






by kaze-24 | 2019-06-04 16:50 | 2019.3 求礼 順天 | Comments(0)

2日目(2)求礼タクシーツアーに出発 2019.3.21

この日は一日タクシーで観光する予定です。
前日にペンションのアガシ(ではないかも、、、)に「明日一日タクシーツアーであちこち観光したいのだけど、、、」とタクシーの予約をお願いしました。
もしダメだったら求礼のバスターミナルまで行ってタクシー乗り場で直接交渉しないと、、、と考えていたのすが、快く引き受けて下さいました。

タクシーツアーの料金は9時から1時までの4時間で80000ウォン、5時か6時までの8時間か9時間で150000ウォンです。
9時から6時までの9時間でお願いしました。

9時前にタクシーがやって来ました。アガシがいい人だからと言いながら見送ってくれました。
ツアーで行きたいところは前もってタブレットにメモしてあります。
タクシーアジョシにメモを見ていただいて、、、
d0115985_20074227.png
アガシが覗き込んで「昼食はカワニナ(다슬기)」と笑いました。
ソムジンガンで採れるカワニナは求礼の名物料理です。他所ではなかなか食べられないものなので外せません。
昨晩の夕食でもカワニナ入りの味噌ビビンバをいただきました。

地図に行きたいところに印を入れてみました。
緑色のがペンション、赤いは昼食で行きたいソンミオクタスルギ食堂です。
d0115985_21031463.png
2年前、偶然インスタグラムで山茱萸群落地と華厳寺の紅梅の写真を見て心惹かれました。
場所を調べると求礼だと、、、
利川に山茱萸の群落地がるのは韓国に行ったり来たりしている方のブログで読んで知っていたのですが、求礼という場所はその時初めて知ったと思います。

カカオマップのレビューで華厳寺の隅々まで詳しく書いてあるブログがありました。→そのブログで雲鳥褸や穀田斎の存在を知りました。
求礼の観光タクシーのギサニムで求礼の文化解説士をされている方のブログ→では山茱萸花祭りのことが詳しく書かれていて、求礼の見所も紹介されています。
それを(グーグルクロムの自動翻訳で)読んでこの日の計画をたてました。

この日一日お世話になったタクシーアジョシ
d0115985_08553491.jpg
本当にお世話になりました。

この日のお天気はちょっと残念な曇り空、でも前夜の風や雨が止んだだけでも良しとしましょう!
タクシーに乗り込み出発です。






by kaze-24 | 2019-04-16 17:11 | 2019.3 求礼 順天 | Comments(0)

1日目(2) 釜山西部バスターミナルから求礼へ 2019.3.20

沙山駅は空港から3駅目、軽便鉄道の沙山駅から釜山西部バスターミナルに行くのは初めてです。駅の案内表示を見ながら進んだら「ここはどこ?」
それでも道路の向こうにアップルアウトレットの建物を見つけ、案内板を見ながらバスターミナルに到着しました。

ソウルや釜山の情報はネットでググればいくらでも出てきますが、地方は日本語の情報がない、、、今回も最初から諦めてNAVERやカカオマップのレビューと行き先の市庁や郡庁のHPの観光情報を見ながら(もちろんグーグルクロムの自動翻訳です)計画を立てました。
市外バスの時間表はNAVERの地図アプリで。
求礼までのバスは14:10、次は15:20、運賃も15200ウォンと調べてあって、求礼のバスターミナル近くのマートで2日間の朝食のパンと果物を買って郡内バスかタクシーで宿泊するペンションまで行こうと考えていました。

出発の1週間前になって日本語の情報も見ておこうとペンションのある「華厳寺」でググッたら西部バスターミナルから華厳寺まで乗り換えなしで行けるとの情報が、、、
カカオマップのレビューの写真でも구례→화엄사と確認できました。荷物もあるし、そのままペンション近くまで行くほうがいいに決まっている。。。

バスターミナルで華厳寺までのチケットを買って、、、
d0115985_20244027.jpg
2時10分のバスだと窓口のアガシが教えてくれました。
価格は17700ウォン。

乗り場は8番
まず乗り場を確認して、、、
d0115985_20260688.jpg
バスはまだ到着していませんでした。

昼御飯もまだ食べていませんでしたがゆっくり食事するほどの時間はなかったのでダンキンドーナツの向かいにあった粉食屋さんで2500ウォンのキムパを2つとコンビニで飲み物を買ってバス乗り場に戻りました。

d0115985_20270298.jpg

NAVERやカカオマップで見るとこの日泊まる予定のペンションの近くにはパンとか果物が買えるような店が見つからなかったので、コンビニで次の日の朝食のパンを調達しないと、、、と思っていたところ8番ホームのそばにパン屋さんがあったのでそこでパンも買って、、、
d0115985_20254072.jpg
バスに乗り込みます。

d0115985_20272554.jpg
運転ギサニムが乗車券の半券を回収にきてこんな紙を渡されました。ギサニムが「華厳寺」と走り書きしています。
d0115985_20274171.jpg
「途中乗車券」とあるけど何でしょう?

バスは定刻に出発して、途中のバスターミナルで乗客の乗降を繰り返して走っていきます。
河東(하동)バスターミナルで20分の時間調整の後、16時30分に出発、この辺りからバスはソムジンガン(섬진강/蟾津江)を左に見下ろして走ります。桜並木や川沿いの遊歩道が続く眺めのいい道です。私の座った右側の席からは山肌ばかり続いていて、、、
この路線のバスには左側に座ることをおすすめします。
花開(화개)ターミナルでは花開ジャント(화개장토)帰りらしい観光客多数を乗せて17時過ぎに求礼(구례)バスターミナルに到着しました。

求礼でほとんどの人が降りて乗客は私達だけになりました。

15分ほど走ってバスは駐車場の中にある華厳寺入口停留場に到着しました。
釜山から乗って私の前の席に座っていた尼さんが求礼バスターミナルで降りる時にギサニムから「無いのか?」と何度も言われていたのを聞いて、ひょっとしたらこれが必要なのか?と先ほどの紙をギサニムに渡したらフツウに受け取って無事に降りることができました。

この日泊まるペンションはすぐそばです。
キャリーバッグをひっぱってペンションに向かいます。





by kaze-24 | 2019-04-04 20:29 | 2019.3 求礼 順天 | Comments(0)

1日目(1)金海空港へ 2019.3.20

「求礼に行こう!」そう決めてから2年、いよいよ出発の日がやって来ました。
前回の渡韓は1年3ヶ月前、昨年は成田空港からアメリカに旅立ったので関空は久し振りです。

関空へはいつもどおりにスイスイと移動して、チェックインはちょっと混雑していたけれど保安検査はスムーズに通過して、昨年末パスポートを更新したので自動化ゲートの登録をしないと、と出国ゲートに向かうと、、、

日本人用には顔認証システムが導入されていて、、、
d0115985_20174892.jpg
こちらの画像は関空のサイト→ からお借りしました。
出国ゲートは昨年11月21日に導入されたそうです。

アッという間に出国できました。
指紋認証システムではなかなか指紋を読んでくれなくて意外と時間がかかったこともあったのですが、メッチャスムーズでした。

何事もなくいつもどおりに飛行機は飛び立ち、釜山に近づくにつれて、、、空が白い。。。
d0115985_20181037.jpg
これが韓国の미세먼지(ミセモンジ/微細粉塵)なのね。。。

12時35分、金海空港に到着、着いたら西部バスターミナルからバスで求礼に移動します。できれば14時10分のバスに乗りたかったのであまり時間がありません。
まずウォンを手に入れないと。。。
今回はLINEPayで出金することにしていました。
LINEPayは新韓銀行のCD機で引き出せます。金海空港の新韓銀行は出口に向かって左側、セブンイレブンの隣にあります。
ネットではいろいろなサイトで日本語を選んで簡単にできると書いてあったのですが、、、
d0115985_20183355.jpg
「LINEPay」をタッチして、、、ハングルばかりでよくわからない、、、店舗に飛び込んでお札を数えていた行員さんに助けを求めました。その行員さんはLINEPayがカードなしにお金が引き出せることをご存知なかったようで、どこかに問合せて言語が選べるところまで機械を操作してくださいました。

詳細はこのとおり
d0115985_20241575.png
空港で両替したら100JPYが1000KRWを超えることはないのでやはりお得です。
でも、、、次回上手く操作できる自信はない。。。

どなたか詳しく教えて下さいませ m(_ _)m

wifiの設定をする時間も惜しんで金海軽便鉄道で沙山駅に向かいます。









by kaze-24 | 2019-04-02 14:24 | 2019.3 求礼 順天 | Comments(0)

旅の終わり

7月2日、とうとう帰国の日がやってきました。
夕方の便でNYに帰られる先生ご夫妻は朝早くから観光に出かけられるということで、前日の夜に皆で揃ってお別れをしました。

お昼すぎにバスに乗り込みホテルを出発、空港にむかいます。
d0115985_16332119.jpg
d0115985_16334961.jpg

トロリーバスや
d0115985_16341275.jpg

大きな街路樹に旅の終わりを思い、、、
d0115985_16342904.jpg

空港に到着。
d0115985_16344972.jpg
d0115985_16351523.jpg
d0115985_16353672.jpg

帰りの飛行機は16:15発NH115
d0115985_16355616.jpg

昨年12月の韓国旅行の帰りの飛行機で隣の窓際の席のアガシがしていたのを真似して飛行機の窓ガラスにタブレットをピッタリくっつけて写真を撮ってみました。
d0115985_16361613.jpg
d0115985_16364194.jpg
動画も上手く撮れたのですが、ブログへの貼り方がわからなくて。。。。

7月3日18時20分、無事に羽田空港に到着、11日間の旅行が終わりました。


旅行から4ヶ月以上たち、その間には残り2回のレッスンがあり、10日前には東京池袋の展示会も終わり、新しいレッスンも始まりました。
そして旅のメンバーに会う度に旅の楽しかった思い出話に花を咲かせています。

この貴重な体験をずっと憶えておきたい。。。そんな思いで旅の記録を綴ってきました。
自分の旅の記録なので細かいことまでは書きませんでしたし、4ヶ月も前のことなので記憶も定かではありません。写真のインフォメーションを見て日時を確認して、ネットで参考記事を探して、、、と旅の復習も兼ねて書き続け、やっと旅の終わりにこぎつけました。


この旅では先生ご夫妻はもちろん、メンバーの代表の方、会計をしてくださった方、いろいろな方の御尽力で素敵な旅の思い出をつくることができました。
手作りの本当に良い旅でした。
感謝の気持ちでいっぱいです。






by kaze-24 | 2018-11-11 17:03 | Comments(2)

5日目(2)西面駅で出会った紳士と最後にやってしまった\(◎o◎)/話 2017.12.18釜山

ホテルに戻って荷物を受け取り、ロビーで荷造りして空港に向かいます。
前回釜山から帰る時はリムジンバスで金海空港まで行ったのですが、時間通りにバスが来なくてちょっと焦ったので、今回は時間が読める地下鉄と軽便鉄道を乗り継いで空港まで行くことにしました。

東横イン西面からまっすぐにキャリーバッグを転がして地下鉄の西面駅まで歩いていきます。
2号線の8番出入口の階段を降りていくと、コンコースの左右に改札口がありました。
「西に向かう列車に乗るのなら当然右側の改札口よね」と右側の改札口から入るとうまい具合にエレベーター乗り場でした。
ところが、、、エレベーターの横の案内の行き先を見ると「장산」とか書いてある、、、
チャンサン(장산/萇山)は確か2号線の終点、我々が行く沙上の反対方向のはず、、、

近くにいた韓国人の紳士に「ここから空港まで行けますか?」と聞きました。
髪をオールバックに撫で付けてウールのコートにアタッシュケースという我々の行動範囲ではあまりお見掛けしない「紳士」です。
紳士はうなずいて一緒にエレベーターに乗り込みました。
今までにも何度か利用しているのに、前日にも通ったのに、全く憶えていないのですね、2号線の西面駅はプラットフォームがひとつで両端に線路が走っているタイプの駅でした。

紳士にお礼を言おうとすると、目で「따라오세요(付いていらっしゃい)」と言います。
我が夫はなぜかホームに着いたらそこから動くのを嫌がります。電車を待つ間に降りる駅の出口に近いところまで移動したいのにガンとして動きません。そのために前日西面に着いた時も改札口を出てから階段を昇ったり降りたりして8番出口まで移動しました。
しかし、紳士の目ヂカラに夫も紳士の後に付いてホームを移動しました。

電車を待っている間に紳士が「ジャパン?」と聞いてきました。そうですと韓国語で答えましたが、紳士の声を聞いたのはこの時と後1度だけだったと思います。

電車に乗り込む時にもお礼を言って紳士とは離れた席に座りましたが、沙上駅近くになると我々に近付いてきてまた目で「付いて来なさい」と言います。

列車を降りると目の前にエレベーターがありました!
自信を持って「ついていらっしゃい」と目で言うだけのことはあります。
エレベーターを降りて改札を出ると、左に行くと空港へ行く軽便鉄道の駅、右に行くと西部バスターミナル。
壁にもハングル以外の文字もあったのか記憶がありませんが目立つところに案内がありました。

ところが紳士はまた目で付いて来なさいと言って右側のバスターミナルの方へ歩いて行きます。
あれっと思いながらもしばらく付いて歩いてちょっと大きめの声で「こうやって行けばスッキリと空港まで行けるのですね」と言うと紳士の前を歩いていた黒いマスクのアジュンマが振り返ってニヤッと笑った。。。

バスターミナルの手前で紳士が「where?(だったと思う)」と聞いてきました。「コンハン(空港)」と言うと紳士は驚いたように来た道を引き返しました。
「大丈夫です」と韓国語で言ったのですが、紳士はうなずくだけで来た道を引き返します。
「時間、大丈夫ですか?」と言ってもうなずくだけでズンズン歩いていきます。

地下鉄沙上駅の改札口まで戻ると軽便鉄道の方を指差して、ここでお別れしました。。。
「where?」と聞かれたということはバスのチケットを買うところまで面倒を見るつもりだったのでしょうか?


釜山では時々こんな親切な方に出会います。
友達との女子旅だと日本語のできる方がよく声をかけてくれます。
韓国の若い方の中にはそうした他人との垣根が低い釜山の人付き合いが嫌いだという方もいるようですが、旅行者としては嬉しくありがたいです。

でも夫と一緒の時に、しかも日本語の知らない方にこんなにもお世話になったのは初めての経験でした。


3年前の夏にも通った軽便鉄道への長い連絡通路を通って軽便鉄道に乗って、、、
無事に空港に到着。

することものないのでサッサと出国してしまいます。
保安検査場を通ってイミグレーションを出て気がついた!!!!!
保安検査場で脱いだコートがないことに、、、、
やってしまった\(◎o◎)/

イミグレーションの右側にデスクがあって人がいたので助けを求めました。
「置き忘れた」なんて洒落た言葉は知りません、とっさに浮かんだのが「잃어버렸어요(失いました)」
「中で服がなくしました」とかなんとか言ったら通じました(ホッ;)
デスクの方がなんと言ったかは憶えてないけれど、指示どおり隣のガラス戸から戻って中にいた係の人にパスポートを預けて、、、
保安検査場の方に「服なくしました」なんていい加減な韓国語で訴えたら、こんなアホな人、あまりいないんでしょうね、すぐにコートを持ってきてくださいました。
お礼を言って戻ろうとするとIpadを持ってきて、、、
まあ、検査場でバッグから出したIpadも取り忘れていたなんて、、、(汗;)
「あ、私のです、ありがとう!」と受け取ろうとすると「ぴみるぼの(秘密番号/パスワード)」と。。。
パスワードをタップしてめでたく画面が開いて無罪放免となりました。
パスポートを受け取って外に出て、、、
後は事件もなく(ってこれ以上なんかあったら困ります。。。)無事に日本まで帰ってきました。


あぶない、あぶない、、、
いよいよ危なくなって来たとか、、、

いえいえ、これからも細心の注意をはらって旅は続けマス!


最後に、、、
d0115985_20233401.jpg
飛行機の窓から見えた雲海と夕日、
あまりにきれいだったので窓側の席のアガシに断ってタブレットで写真を撮ろうとしたのだけれど上手くいかなくて、、、
アガシが見かねて代わりに撮ってくれました。

本当はもっともっときれいだったんですよ。











by kaze-24 | 2018-02-20 20:59 | 2017.12 統営 | Comments(2)

4日目(5)松島海上ケーブルカー 2017.12.17釜山

松島海上ケーブルカーは下部の松島ベイステイションからアムナム公園の松島スカイパークまで、キャビンによってエアクルーズとクリスタルキャビンに別れます。クリスタルキャビンは床が透明になっているとか、何台かに1台混じっているようです。
往復運賃がエアクルーズが15000ウォン、クリスタルキャビンが20000ウォンです。
d0115985_22542168.jpg
我々は当然エアクルーズを選択。
ケーブルカーの切符は季節によって図柄が変わるようです。この時はクリスマスバージョン。

ワンウェイでアムナム公園まで行って歩いて戻るという選択肢もなかなか魅力的だったのですが、片道料金が12000ウォンと300円程度しか安くならないのでケーブルカーで往復することにしました。

エアクルーズは10分もかからない内に乗ることができましたが、クリスタルキャビンは20分待ち(だったと思う)

ケーブルカーに乗る前にこんなキャンディをいただいました。
d0115985_09044070.jpg

キャビンは海の上を渡っていきます。
d0115985_22542740.jpg
カラフルなテトラポットや

先程のスカイウォークを下に見て、
d0115985_22543413.jpg
d0115985_22544141.jpg

海にはたくさんの船
d0115985_22544939.jpg


d0115985_22550098.jpg

ケーブルカーから降りたら松島スカイパークの展望台から松島海水浴場の方を眺めます。
d0115985_22551023.jpg
アムナム公園から海に沿って松島公園に向かって遊歩道があります。いつか歩いてみたいです。

スカイパークの屋上にはタイムカプセル
d0115985_21522691.jpg
d0115985_22551793.jpg

クリスマスツリーに
d0115985_22553384.jpg
いろいろなオブジェがあって楽しいです。

ライブもやっていました。
d0115985_22552419.jpg
ちょっと座って聞いてみました。なかなかよかったですが寒かった。。。

せっかくだから日が暮れるまでこちらにいて釜山の灯りを見ながら松島公園の方に帰ろうと、カフェで時間を潰します。
海の見える窓際の席やくつろげる椅子、おしゃれなカフェでしたが写真がない。。。
韓国の方のブログ→の写真をお借りします(汗;)
d0115985_22455208.png

5時を過ぎて日が落ちてきたので展望台に出ました。
d0115985_22560808.jpg
反対側には街の明かりが灯り初めて、、、
d0115985_22561546.jpg
d0115985_22562494.jpg

キラキラ光る街の灯を見ながら海の上を渡って戻っていきます。
d0115985_22563184.jpg
統営で乗れなかったケーブルカーですが、釜山で乗れました。
満足しています。










第2回プラチナブロガーコンテスト
旅行・お出かけ部門に応募します

by kaze-24 | 2018-02-05 22:56 | 2017.12 統営 | Comments(1)

4日目(3)釜山再び、いとしのピンス 2017.12.17釜山

統営から1時間30分、釜山に帰ってきました。
釜山西部バスターミナル、
d0115985_21541146.png
カカオマップのロードビューの写真です。

「そろそろ到着かな」と思っていると、まさに写真の立看板のところにバスは停まってドアが開きました。
「ええッ?ここで降りるの?」
道の真ん中でバスを降りて荷物置き場からスーツケースお引っ張り出して、、、またまたびっくり仰天の経験です。
こういう想定外のことがあるから韓国旅行はやめられない。

バスターミナルの建物から地下鉄の沙山駅へ、分かりにくいとネットで読んだけれど、やはり分かりにくいかった。。。

地下鉄を西面駅で降りて歩くこと10分、釜山でのホテルは東横イン釜山四面です。
東横インの会員なので価格重視のホテル選択です。
それと日本の東横インと全く同じなので気楽かなと思って、、、
d0115985_21543240.png
こちらもカカオマップのロードビューの写真です。

ホテルの部屋の狭さも浴室の仕様も日本の東横インと同じ、朝食のお皿も、スーツケースに鈴の付いた網を被せる荷物の預かり方も日本と同じ。
日本にいるように気楽にしていたらファジャンシルだけ違っていた。。。
1階ロビーのファジャンシルの個室には紙を便器に流さないようにという日本語の注意書きがあって、翌日には部屋のファジャンシルの水の流れ方が悪くなっていました。。。
大事には至らなかったけれどホテルの方、ゴメンナサーーーイ


チェックイン時間前にホテルに着いたので荷物を預けて釜山の街にでかけます。
先ず向かったのは田浦カフェ通り
ホテルを出て向かいのNC百貨店の横を南に進み、ちょっと東にはいります。
かき氷の店、軟雲堂です。
d0115985_21550715.jpg

연운당 전포카페거리점
0507-1434-2028
부산광역시 부산진구 서전로46번길 62-8 1층

コネストの地図ではこちら→

韓国に行ったのならかき氷は外せません。夫は本意ではないでしょうが、やはり付き合ってもらわないと、、、

メニューはいっぱいあります。
日本ではあまり見かけないもの、、、ということで단호박카라멜빙수/カボチャカラメルかき氷を注文しました。
d0115985_21553098.jpg
夫は舌触りがよくないと不評でしたが私は気に入りました。
また食べたいけれど、日本ではなかなかかき氷屋さんに行き当たりません。









第2回プラチナブロガーコンテスト
旅行・お出かけ部門に応募します
by kaze-24 | 2018-02-01 23:48 | 2017.12 統営 | Comments(0)

2日目(4)長蛇島へ ドタバタの出航 2017.12.15統営

カカオマップの案内に従って文化マダンのバス停でバスを待ちます。
弥勒島にある統営遊覧船ターミナルまでは100番台バスで13ヶ所目、13分です。100番台のバスはいっぱい走っています。

9時10分、遊覧船ターミナルバス停に到着。
d0115985_22435096.jpg

遊覧船ターミナル
d0115985_22440130.jpg
1階はお土産屋さんが入っていて乗船券売場は2階にあります。

2階に上がると乗船券売場はすぐに見つかりました。
エッ!?
長蛇島コース出航時間がなんと 9:30!
10:00じゃないの?

この写真は船から降りてターミナルに戻ってきた時に撮ったもの、13:00 出航の案内です。
d0115985_22441048.jpg
後日写真を整理していて上の案内の左下にこんな表が貼ってあるのに気がつきました。12月15日の出航時間表とあるのですが。。。
「出航時間」の上の手書きのハングルは写真では判読不能なのでよくはわかりませんが、、、
d0115985_22441948.jpg
ターミナルのHPによると団体客がいる場合は規定の運行時間の限りではないようなことが書いてあったのでそのせいかもしれません。
ともかく早めに来て良かった。。。

大慌てで乗船券を買うと、その裏に名前と電話番号を書くようにと言われて、、、
携帯の電話番号を書いたけれど、何かあった時に大丈夫なのかな?
切符売り場のアジュンマにこれでいいのか書いたものを見ていただいて、、、
写真を撮る余裕もなく、追い立てられるように右側の出口から出て船着き場に向かいます。

エッ!? 身分証の確認はどうなっているの?
ターミナルのHP→では身分証の確認は必須とあったし、いろいろなサイトでも注意が呼びかけられていたのに、そういう気配はありません。韓国人のアガシたちも住民登録証を手にうろうろしていました。

名前を記入した乗船券の半券を係の人に渡して船に乗り込みます。一般遊覧船の名前はニュースター号。
d0115985_22413191.jpg

席に着いたと思う間もなくニュースター号は動き出しました。
9時20分! 早すぎ!
これぞ韓国、パリパリ精神全開です!

団体客もいて船内はにぎやかです。
乗客もモデルになって救命胴着の着け方の説明があって、長蛇島での禁止事項とかの説明があって、、、
d0115985_22442808.jpg
訛のある韓国語で説明が続きます。
d0115985_22443816.jpg

長蛇島が近づくと首から下げる船名の札が配られます。
出航時間は12時。聞き間違えていたら大変なので確認しすると、12時には船に戻っているようにと念を押されました。

10時間過ぎに長蛇島到着。
d0115985_22445046.jpg
d0115985_22450278.jpg
乗客が降りるとニュースター号は桟橋を離れ、、、
d0115985_22451916.jpg
あっという間に去って行きました。
d0115985_22453321.jpg

さあ、島に足を踏み入れましょう。
d0115985_22454582.jpg



それにしても午前の船に乗れて良かった。。。











第二回プラチナブロガーコンテスト
   旅行・お出かけ部門に応募します

by kaze-24 | 2018-01-12 23:02 | 2017.12 統営 | Comments(0)
line

趣味のこと、旅のこと、くらしのつれづれを綴ります


by kaze-24
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite