風つうしん

kazetushin.exblog.jp ブログトップ

タグ:ところ ( 125 ) タグの人気記事

UBC人類学博物館

国境を越えて向かったのはUBC(ブリティッシュコロンビア大学)人類学博物館、赤ポッチの所です。
d0115985_13081394.png
地図の下の方の線が国境で、オレンジ色のポッチがバンクーバーの中心地で私達が訪問した場所です。

UBC人類学博物館はUBCの広大な敷地の中にあります。
d0115985_13083389.png
UBCはこれまでに7名のノーベル賞受賞者を輩出し、3名のカナダ首相経験者が在席いていたというカナダ有数の名門大学だそうです。

通称 MOA(Museum of Anthropogy)
d0115985_13085635.jpg

入場したら先ず博物館のカフェテリアでお昼ごはん
d0115985_13091576.jpg

展示室にはカナダ先住民族のトーテムポールなどが、、、
d0115985_13093675.jpg
d0115985_13100196.jpg
d0115985_13102221.jpg

先住民族彫刻家「ワタリガラスと最初の人々」
d0115985_13110836.jpg

先住民族の展示物
d0115985_13105199.jpg
d0115985_13115034.jpg
d0115985_13113187.jpg

織物の実演もありました。
d0115985_15502702.jpg
興味深いものばかりです。

ヨーロッパや
d0115985_13144737.jpg
d0115985_13150425.jpg

アフリカ
d0115985_13152611.jpg

フィジーのウェディングドレス
d0115985_13154647.jpg

これはメキシコの生命の木
d0115985_13160423.jpg
どの展示も興味深いものばかり、デザイン的にも見ていて飽きません。
日本のものもありました。

予習不足で野外展示など見逃したものもあったけれども、カナダに入って初めての訪問場所、おもしろかったです。

バスに乗り、バンクーバーのホテルに向かいます。






[PR]
by kaze-24 | 2018-09-11 13:05 | 2018.6.7 ラコナー バンクーバー | Comments(0)

国境を越えて

6月29日、ラコナーでの6日間の行事をすべて終え、バスでバンクーバーに向かいます。
午前9時、お世話になったアコさんやともこさん達とお別れしてバスに乗り込みます。

1時間ほどでアメリカとカナダの国境に到着しました。
d0115985_12013357.jpg
「国境を越える」というのは生まれて初めての経験です。ちょっとドキドキ!
d0115985_12015649.jpg
カナダは英語とフランス語が公用語なんですね、併記されています。

バスは右端のレーンに入り、車止めの手前で停車しました。
d0115985_12023753.jpg
バスを降りて右の建物の中に入ります。
何しろ2か月も前のことだし、写真もないので記憶も定かではないのですが、、、
空港のようなブースが並んでいるのではなくて、だだっ広い部屋に3つほど受付カウンターがあって、それぞれに係りの人が立っています。空いたところに一人ずつ行ってパスポートを渡して質問に答えます。
審査が済んでもバスがカナダ側に来るまでは建物の中で待機します。

バスがカナダ側に来たので建物の外に出ました。
d0115985_12030201.jpg
車止めの向こうはアメリカです。

d0115985_12032289.jpg
バスに乗り込み、バンクーバーに向かいます。






[PR]
by kaze-24 | 2018-09-01 07:02 | 2018.6.7 ラコナー バンクーバー | Comments(0)

ラコナー散策 その3

町の中心に戻ってきました。
水路から1本入ったサウス1stストリートに観光客を意識した素敵なアンティークショップやセレクトショップが軒を連ねています。
d0115985_09235402.jpg
ところどころに水路に続く広場があります。
d0115985_14440542.jpg

街並みの写真を写してない。。。
仕方ないのでグーグルマップのストリートビューの写真を載せておきます。。。
d0115985_00031974.png
私達が訪れた時にはこんな曇り空の日はありませんでした。それに車もこんなにたくさん停まっていませんでした。ホリディシーズンには沢山の人で賑わうのでしょうか?

セレクトショップの奥にあったガーデン、
d0115985_14451674.jpg
d0115985_14455666.jpg
可愛かったです。

カフェで昼食を摂って
d0115985_11552423.jpg

北側も歩いてみます。
d0115985_12344473.jpg
水路際から見えるいい雰囲気の建物(前日夕方の写真です)
道路側からはこんな感じ、
d0115985_14474739.jpg
ラコナーチャンネルロッジ
かわいいホテルです。

ノース1stストリートの端にはヨットハーバー。
d0115985_14510502.jpg

のどかです。。。








[PR]
by kaze-24 | 2018-08-14 16:23 | 2018.6.7 ラコナー バンクーバー | Comments(0)

ラコナー散策 その2

3日目は早朝からポートタウンゼントのキルターのアトリエ訪問、4日目はキルトの展示と予定をこなしていきました。

5日目の27日は朝に開場前の展示会場でキルトを写真におさめて、午後からのオープニングまでの時間をゆっくり過ごしました。

ラコナーの町を散策します。
水路から南の方を見るとオレンジ色の橋が望めます。
レインボーブリッジです。
ラコナーの地図の表紙にも使ってあるので地元一押しの場所のようです。
d0115985_09231094.jpg
2日目のアニタさんのアトリエに行った時には帰りに車で通ったのでちょっと嬉しかったです。

橋の手前にはパイオニアパークという公園もあるみたい、、、
グーグルマップを見ながら(見るほどのこともないですが、、、)キルトミュージアムの前の道を道なりに、公園を目指して歩いてみます。
d0115985_11203717.jpg
民家の庭にあったサクランボの木。
たわわに実ったサクランボが美味しそう!

パイオニアパークに到着!
d0115985_14464478.jpg
えッ?これがパーク?公園? 広々とした芝生の広場を想像していたのですが、、、
足を踏み入れるのもちょっと憚られるような鬱蒼とした森?小山?

パークの外周を水路の方へ歩いて行きます。
オレンジ色の橋が見えてきました。
d0115985_14471076.jpg
橋のたもとまでやってきました。
d0115985_15034099.jpg
d0115985_14472991.jpg

水路にはボートが係留されていて
d0115985_16141821.jpg

橋の南側はコナーウォーターフロントパークとかで、BBQスペースがあったり、鮭のオブジェ?遊具?があったり、、、
d0115985_16144009.jpg

こんなところでのんびり休暇が過ごせたら、、、なんて思うのですが、、、
都会派のおばさんたちは早々に町の中心に戻ります。












[PR]
by kaze-24 | 2018-08-07 11:52 | 2018.6.7 ラコナー バンクーバー | Comments(0)

ラコナーのホテル

ラコナーのホテルは LaConnerCountryInn
d0115985_12233277.jpg

2階建てのかわいいホテルです。
d0115985_12235275.jpg
植え込みのある辺りがホテルの入り口
その右手に駐車場への入り口があります。
d0115985_12404061.jpg

駐車場に面した棟の1階と2階に私達の部屋がありました。
d0115985_12241300.jpg
突き当りはシーフードレストラン
外から見るとこんな感じ
d0115985_14214404.jpg
一度夕食にうかがいました。1階がバーで2階がレストランになっています。

私達の部屋
d0115985_12243448.jpg
お隣は先生ご夫妻の部屋でした。

ドアプレートがかわいい!
d0115985_12245867.jpg

セミダブルのベッドが2台。
d0115985_12251915.jpg
ベッドが高くて登るのに苦労しました。。。

入り口とベッドの間にチェストとクローゼット
d0115985_12254083.jpg
左側に洗面台があってその奥にシャワー室があります。
d0115985_12260052.jpg
残念ながらバスタブはありませんでした。シャワーは固定式、どうして外国のホテルは進化しないのかな。。。

シッティングスペースにはスイッチを押すだけでつく暖炉(ガス式?)があってなかなか素敵だったです(写真がない!)

朝食会場にも暖炉、雰囲気がいいです。
d0115985_12262731.jpg
食パンにベーグル、果物も豊富にあって
d0115985_12271951.jpg
冷蔵庫にはチーズ、バター、ヨーグルトに茹で卵、オレンジジュースにミルク
d0115985_12274455.jpg
朝食時間は7時からということでしたが、それ以前から用意できているようで、7時出発の3日目も会場でいただくことができました。

このホテルに6泊しました。
こぢんまりしたかわいいホテルです。
wifiのパスワードも部屋のキーと一緒にいただけて、借りていたwifiが田舎のためか繋がりにくく、地図を見る位しか役に立たなかったので、インスタグラムのupとかはほとんどホテルのwifiで。。。
都市部のデラックスホテルより私には合うみたい、、、
居心地よかったです。









[PR]
by kaze-24 | 2018-07-24 15:00 | 2018.6.7 ラコナー バンクーバー | Comments(0)

ラコナー

ちょうど1週間前の7月3日、9泊11日のラコナー・バンクーバーの旅から帰ってきました。

7月は例年9月初旬の大きなイベントの準備を始める時で、1年で一番忙しい時期です。
帰ってきた途端戻ってきた日常生活の忙しさに、とてもブログのポストなどできそうにもない。。。と思っていましたが、そのまま捨て置いたら貴重な体験が霧のように消えてしまいそうで、、、頑張って書き留めておくことにしました。

ところでラコナー(LaConner)ってどこ?

ここです。
d0115985_12285848.png
d0115985_12294185.png
アメリカ ワシントン州、シアトルから車で2時間ほど北の小さな町です。

どうしてそこへ?

キルトの先生とそのグループの展示会がその町のキルトミュージアムで開かれることになって、その搬入とオープニングセレモニーのための旅行に私も寄せてもらったのです。
先生ご夫婦を含め、総勢23人の団体旅行です。

d0115985_12302912.png
d0115985_12262294.jpg
ビクトリア様式のマンションがキルトミュージアム→です。建物についてはこちらで→
ほんとうに素敵な建物です。
d0115985_12521416.jpg

ラコナーはパディーラ湾とスカジット湾をつなぐスウィンオミッシュ チャンネルに面したのどかな町です。

d0115985_12275976.jpg
d0115985_16314399.jpg
d0115985_16320482.jpg

d0115985_12264888.jpg
ミュージアムからホテルに向かう道です。


この町に6泊しました。
宿泊したホテル、ラコナーカントリーイン
d0115985_15255341.jpg
d0115985_12282501.jpg


ラコナーからはアニータさんというアーティスト→のアトリエを訪問したり、
d0115985_12505881.jpg
フェリーに乗ってポートタウンゼントのCarylさんというキルター→のアトリエを訪問したり
d0115985_12514968.jpg
d0115985_20215374.jpg
キルト漬けの素晴らしい1週間を過ごしました。


自分で計画して行く旅行は出来る限りの下調べをして行程も作って出発します。地図を眺めて気になるところをネットで調べて行くと勝手に計画してしまうのです。
でも、団体旅行では皆の後を付いて行くことにして、あまり予習はしないようにしています。
すると、、、旅の記録をポストするにあたってわかっていないことばかり。。。
旅の復習をしながら書いていこうと思っていますが、いつまでかかることやら、、、









[PR]
by kaze-24 | 2018-07-10 20:51 | 2018.6.7 ラコナー バンクーバー | Comments(0)

4日目(6)チーズダッカルビの夕食と南浦洞のクリスマスイルミネーション 2017.12.17釜山

ケーブルカーを降りて松島ベイステイションを出るとカカオマップの指示どおりに行きとは違う道を通ってアムナム洞住民センター停留所へ、そこからバスに乗り、7つ目の新東亜市場(신동아시장)で下車します。

行き先はBIFF広場
ユガネダッカルビ南浦店
d0115985_12445995.jpg
유가네닭갈비 남포점
부산 중구 비프광장로 31 (남포동3가)
コネストの地図だとこのあたり→
店内に入って席に案内されると、、、
テーブルに置いてあったメニューがサッと片付けられて日本語メニューが出てきました。
店に入って、わたくし一言も発していません。
指をチョキの形にしただけです。見事に一目で日本人とわかってしまいました。
まあ、そうでしょう。安くてお腹いっぱい食べられる若者向けの店に韓国のいい歳のオジサンとオバサンが来ることはまれでしょうから、、、

いただくものは最初から決まっています。
チーズポン〜タク/치즈퐁〜닭
ただこれが載っているページを探して注文しましたが、新メニューのミソポン〜タク/미소퐁〜닭とかは載っていたのかな?

元々セットされていた鉄板が片付けられてフチに溝がある鉄板が運ばれてきました。
d0115985_12452839.jpg

お店の方が具材を炒めてくれて、頃合いを見計らって溝にチーズが投入されました。
d0115985_12455814.jpg
一昨年、韓国ドラマの「ミセン(미생/未生)」を見ていた時、チャン・グレが営業3課の人たちと食べているのを見て、メチャクチャ興味をそそられました。背景に映っていた「유가네」のロゴで店の名前がわかりました。
ずっと「行きたい店・食べたい食事一覧」にあったのですが、今回やっと願いが叶いました。
ビローーーンと伸びるチーズがメッチャ美味!
チーズ好きにはたまりません。
しかし! カロリーは凄いんでしょうね。。。

タッカルビは辛い料理だと聞いていたのですが、それほどでもありませんでした。日本人向けの味付けだったのでしょうか?

チーズも全部平らげてタッカルビをいただいた後は焼飯をお願いしました。
d0115985_12462447.jpg
鉄板を変えて作ってくれます。
こちらも美味しく全部いただきました。
ビールも入れて25000ウォンでお腹いっぱいになりました。


店を出て富平洞の方へ歩いて行きます。
この辺りはチョッパルコルモク、チョッパル豚足の店が並んでいます。
d0115985_12464853.jpg
チョッパルも一度は食べてみたい料理ですが、店の中を覗いてみた様子では量が多い! ふたりではちょっと無理っぽい、、、
グループで行って食してみたいです。。。

まわれ右して南浦洞に向かいます。
南浦洞ではクリスマスイルミネーション
d0115985_12471504.jpg
赤い衣装のアジュンマ達が何やら出番を待っています。

次々に色が変わっていくクリスマスツリーの電飾
d0115985_12474175.jpg
d0115985_12480473.jpg
アジュンマ達が舞台に登場しました。
d0115985_12483341.jpg
元気いっぱいの打楽器の演奏です。

通りのイルミネーションも華やかで歩くだけでウキウキしてきます。
d0115985_12491288.jpg

南浦駅から地下鉄に乗って釜田駅まで行き、駅前のハナロマートで買い物をしてホテルまで戻ります。
d0115985_16455593.png

釜山も充分に楽しんだ充実した1日でした。











[PR]
by kaze-24 | 2018-02-06 20:10 | 2017.12 統営 | Comments(0)

4日目(5)松島海上ケーブルカー 2017.12.17釜山

松島海上ケーブルカーは下部の松島ベイステイションからアムナム公園の松島スカイパークまで、キャビンによってエアクルーズとクリスタルキャビンに別れます。クリスタルキャビンは床が透明になっているとか、何台かに1台混じっているようです。
往復運賃がエアクルーズが15000ウォン、クリスタルキャビンが20000ウォンです。
d0115985_22542168.jpg
我々は当然エアクルーズを選択。
ケーブルカーの切符は季節によって図柄が変わるようです。この時はクリスマスバージョン。

ワンウェイでアムナム公園まで行って歩いて戻るという選択肢もなかなか魅力的だったのですが、片道料金が12000ウォンと300円程度しか安くならないのでケーブルカーで往復することにしました。

エアクルーズは10分もかからない内に乗ることができましたが、クリスタルキャビンは20分待ち(だったと思う)

ケーブルカーに乗る前にこんなキャンディをいただいました。
d0115985_09044070.jpg

キャビンは海の上を渡っていきます。
d0115985_22542740.jpg
カラフルなテトラポットや

先程のスカイウォークを下に見て、
d0115985_22543413.jpg
d0115985_22544141.jpg

海にはたくさんの船
d0115985_22544939.jpg


d0115985_22550098.jpg

ケーブルカーから降りたら松島スカイパークの展望台から松島海水浴場の方を眺めます。
d0115985_22551023.jpg
アムナム公園から海に沿って松島公園に向かって遊歩道があります。いつか歩いてみたいです。

スカイパークの屋上にはタイムカプセル
d0115985_21522691.jpg
d0115985_22551793.jpg

クリスマスツリーに
d0115985_22553384.jpg
いろいろなオブジェがあって楽しいです。

ライブもやっていました。
d0115985_22552419.jpg
ちょっと座って聞いてみました。なかなかよかったですが寒かった。。。

せっかくだから日が暮れるまでこちらにいて釜山の灯りを見ながら松島公園の方に帰ろうと、カフェで時間を潰します。
海の見える窓際の席やくつろげる椅子、おしゃれなカフェでしたが写真がない。。。
韓国の方のブログ→の写真をお借りします(汗;)
d0115985_22455208.png

5時を過ぎて日が落ちてきたので展望台に出ました。
d0115985_22560808.jpg
反対側には街の明かりが灯り初めて、、、
d0115985_22561546.jpg
d0115985_22562494.jpg

キラキラ光る街の灯を見ながら海の上を渡って戻っていきます。
d0115985_22563184.jpg
統営で乗れなかったケーブルカーですが、釜山で乗れました。
満足しています。










第2回プラチナブロガーコンテスト
旅行・お出かけ部門に応募します

[PR]
by kaze-24 | 2018-02-05 22:56 | 2017.12 統営 | Comments(1)

4日目(4)松島海水浴場スカイウォーク 2012.12.17釜山

軟雲堂で美味しいかき氷をいただいて、西面駅まで歩いて行きます。
日曜日の西面は人、人、人。
地下鉄で南浦駅まで行き、カカオマップの案内どおりに8番出口からヨンドテギョ(영도대교/影島大橋)停留所へ
地下鉄の出口を出ると30番バスがやってくるのが見えたので走ってバスに乗り込みました。
8ヶ所目のアムナムドン住民センター(암남동주민샌터/岩南洞住民センター)で下車、カカオマップを見ながら歩いていきます。
d0115985_21082014.png

行き先は松島(ソンド/송더)海上ケーブルカー
d0115985_22492744.jpg
それと松島海上スカイウォーク

コネストの地図ではこちら→


ケーブルカーに乗る前にスカイウォークと松島海水浴場を散策します。
d0115985_22493697.jpg

先ず、スカイウォークへ
d0115985_22494302.jpg
海の上に突き出した散策路です。
d0115985_22495183.jpg
スカイウォークといえば2年前に五六島スカイウォークに行きましたが、あちらは長さは短いけれど高いところにあって結構スリルがありました。
d0115985_22495823.jpg

強化ガラスで海が覗けるところも。
d0115985_22500752.jpg

広々とした海の景色、最高!
d0115985_22501509.jpg
寂れていた松島海水浴場の活気を取り戻すため、スカイウォークやケーブルカーが整備されたそうですが、釜山の海水浴場はどこも冬でも賑わっていて観光客でいっぱいです。

ふたつのスカイウォークの真ん中のコブッ島(거북섬/亀島)には人魚と
d0115985_22502784.jpg
漁夫
d0115985_22503453.jpg
もう一方のスカイウォークも歩いて、、、

海岸を散歩します。
d0115985_22504105.jpg

海岸に沿った道路に階段があったので登ってみました。
d0115985_22514994.jpg
そろそろ戻ってケーブルカーに乗りましょう。
乗り場までもどります。

カカオマップにケーブルカー乗り場を指定したので岩南洞住民センター停留所で降りましたが2つ先の松島海水浴場停留所で降りてもよかったかも。。。
d0115985_22062192.png









第2回プラチナブロガーコンテスト
旅行・お出かけ部門に応募します
[PR]
by kaze-24 | 2018-02-04 22:50 | 2017.12 統営 | Comments(0)

4日目(1)南望山彫刻公園の日の出 2017.12.17統営

この日は釜山に戻ります。
朝食の前にホテルのそばの南望山彫刻公園/남망산조각공원に朝日を見に行くことにしました。


冬の旅は寒いですが、日が短いので日の出も日の入りもその気になれば容易に楽しむ事ができます。

南望山はホテルの行き帰りに横を通るのですが、入り口が今ひとつわかりませんでした。
前日にホテルの方に尋ねると近隣の地図で説明してくださいました。
正式な道は大通りまで行って海の傍の道を行くのだけれど、、、
ホテルを出て角を曲がると脇道があるのでそれを行くと、、、
d0115985_23131850.jpg
駐車場があります。
d0115985_23132807.jpg
駐車場の奥の細い道を行くと
d0115985_23133429.jpg
駐車場があって、階段があります。
d0115985_23134127.jpg
階段をあがってずんずん上に登っていくと展望台が現れました。

海の向こうの山陰がオレンジ色に染まっています。
d0115985_23134805.jpg
この日の日の出時刻は7時27分、太陽が顔を出しました。
d0115985_23135599.jpg
d0115985_23140679.jpg
d0115985_23141811.jpg
d0115985_23142502.jpg


d0115985_23143503.jpg
d0115985_23150623.jpg

もう少し石段を登っていくと広場になっていて、、、
d0115985_23152465.jpg
どなたかいらっしゃいます。
d0115985_23151501.jpg
李舜臣将軍が怖い顔で日本(方角があっているかどうかは知りません)を睨んでいます。

朝日に輝く町の写真を撮りながら山を下って行きます。
d0115985_23153256.jpg

巨大な統営市民文化会館の前の階段を降りて行くと彫刻公園。
d0115985_23154012.jpg

公園の中に現代アートが並んでいます。

d0115985_23155102.jpg
d0115985_23155903.jpg
d0115985_23160892.jpg

そろそろ朝食に向かいましょう。
d0115985_23161895.jpg

山肌に造られた海沿いの道につながる木道を降りて行きます。
d0115985_23162818.jpg













第2回プラチナブロガーコンテスト
旅行・お出かけ部門に応募します


[PR]
by kaze-24 | 2018-01-28 19:36 | 2017.12 統営 | Comments(0)
line

趣味のこと、旅のこと、くらしのつれづれを綴ります


by kaze-24
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite