風つうしん

kazetushin.exblog.jp ブログトップ

タグ:こと ( 37 ) タグの人気記事

4日目(6)チーズダッカルビの夕食と南浦洞のクリスマスイルミネーション 2017.12.17釜山

ケーブルカーを降りて松島ベイステイションを出るとカカオマップの指示どおりに行きとは違う道を通ってアムナム洞住民センター停留所へ、そこからバスに乗り、7つ目の新東亜市場(신동아시장)で下車します。

行き先はBIFF広場
ユガネダッカルビ南浦店
d0115985_12445995.jpg
유가네닭갈비 남포점
부산 중구 비프광장로 31 (남포동3가)
コネストの地図だとこのあたり→
店内に入って席に案内されると、、、
テーブルに置いてあったメニューがサッと片付けられて日本語メニューが出てきました。
店に入って、わたくし一言も発していません。
指をチョキの形にしただけです。見事に一目で日本人とわかってしまいました。
まあ、そうでしょう。安くてお腹いっぱい食べられる若者向けの店に韓国のいい歳のオジサンとオバサンが来ることはまれでしょうから、、、

いただくものは最初から決まっています。
チーズポン〜タク/치즈퐁〜닭
ただこれが載っているページを探して注文しましたが、新メニューのミソポン〜タク/미소퐁〜닭とかは載っていたのかな?

元々セットされていた鉄板が片付けられてフチに溝がある鉄板が運ばれてきました。
d0115985_12452839.jpg

お店の方が具材を炒めてくれて、頃合いを見計らって溝にチーズが投入されました。
d0115985_12455814.jpg
一昨年、韓国ドラマの「ミセン(미생/未生)」を見ていた時、チャン・グレが営業3課の人たちと食べているのを見て、メチャクチャ興味をそそられました。背景に映っていた「유가네」のロゴで店の名前がわかりました。
ずっと「行きたい店・食べたい食事一覧」にあったのですが、今回やっと願いが叶いました。
ビローーーンと伸びるチーズがメッチャ美味!
チーズ好きにはたまりません。
しかし! カロリーは凄いんでしょうね。。。

タッカルビは辛い料理だと聞いていたのですが、それほどでもありませんでした。日本人向けの味付けだったのでしょうか?

チーズも全部平らげてタッカルビをいただいた後は焼飯をお願いしました。
d0115985_12462447.jpg
鉄板を変えて作ってくれます。
こちらも美味しく全部いただきました。
ビールも入れて25000ウォンでお腹いっぱいになりました。


店を出て富平洞の方へ歩いて行きます。
この辺りはチョッパルコルモク、チョッパル豚足の店が並んでいます。
d0115985_12464853.jpg
チョッパルも一度は食べてみたい料理ですが、店の中を覗いてみた様子では量が多い! ふたりではちょっと無理っぽい、、、
グループで行って食してみたいです。。。

まわれ右して南浦洞に向かいます。
南浦洞ではクリスマスイルミネーション
d0115985_12471504.jpg
赤い衣装のアジュンマ達が何やら出番を待っています。

次々に色が変わっていくクリスマスツリーの電飾
d0115985_12474175.jpg
d0115985_12480473.jpg
アジュンマ達が舞台に登場しました。
d0115985_12483341.jpg
元気いっぱいの打楽器の演奏です。

通りのイルミネーションも華やかで歩くだけでウキウキしてきます。
d0115985_12491288.jpg

南浦駅から地下鉄に乗って釜田駅まで行き、駅前のハナロマートで買い物をしてホテルまで戻ります。
d0115985_16455593.png

釜山も充分に楽しんだ充実した1日でした。











[PR]
by kaze-24 | 2018-02-06 20:10 | 2017.12 統営 | Comments(0)

4日目(1)南望山彫刻公園の日の出 2017.12.17統営

この日は釜山に戻ります。
朝食の前にホテルのそばの南望山彫刻公園/남망산조각공원に朝日を見に行くことにしました。


冬の旅は寒いですが、日が短いので日の出も日の入りもその気になれば容易に楽しむ事ができます。

南望山はホテルの行き帰りに横を通るのですが、入り口が今ひとつわかりませんでした。
前日にホテルの方に尋ねると近隣の地図で説明してくださいました。
正式な道は大通りまで行って海の傍の道を行くのだけれど、、、
ホテルを出て角を曲がると脇道があるのでそれを行くと、、、
d0115985_23131850.jpg
駐車場があります。
d0115985_23132807.jpg
駐車場の奥の細い道を行くと
d0115985_23133429.jpg
駐車場があって、階段があります。
d0115985_23134127.jpg
階段をあがってずんずん上に登っていくと展望台が現れました。

海の向こうの山陰がオレンジ色に染まっています。
d0115985_23134805.jpg
この日の日の出時刻は7時27分、太陽が顔を出しました。
d0115985_23135599.jpg
d0115985_23140679.jpg
d0115985_23141811.jpg
d0115985_23142502.jpg


d0115985_23143503.jpg
d0115985_23150623.jpg

もう少し石段を登っていくと広場になっていて、、、
d0115985_23152465.jpg
どなたかいらっしゃいます。
d0115985_23151501.jpg
李舜臣将軍が怖い顔で日本(方角があっているかどうかは知りません)を睨んでいます。

朝日に輝く町の写真を撮りながら山を下って行きます。
d0115985_23153256.jpg

巨大な統営市民文化会館の前の階段を降りて行くと彫刻公園。
d0115985_23154012.jpg

公園の中に現代アートが並んでいます。

d0115985_23155102.jpg
d0115985_23155903.jpg
d0115985_23160892.jpg

そろそろ朝食に向かいましょう。
d0115985_23161895.jpg

山肌に造られた海沿いの道につながる木道を降りて行きます。
d0115985_23162818.jpg













第2回プラチナブロガーコンテスト
旅行・お出かけ部門に応募します


[PR]
by kaze-24 | 2018-01-28 19:36 | 2017.12 統営 | Comments(0)

3日目(4)タラギル(その3)山陽スポーツパーク〜タラ公園 2017.12.16統営

11時42分 山陽市民スポーツパークに到着
d0115985_22201766.jpg
驚くほど立派な施設です。
サッカー場が芝生、人口芝合わせて6面、野球場が2つ、テニスコートにフットサルのコート、Xゲーム場まであります。
サッカー場ではサッカーをする人たち。

お手洗いは地図で見ると3ヶ所
d0115985_08481669.png
ゲートとかはないのでスポーツパークへは出入り自由、お手洗いをお借りしてもとの道まで戻りました。

山陽邑事務所、道標の地点です。
d0115985_22204411.jpg
道標には「산양읍 사무소/山陽邑事務所」とありますが、事務所はすでに移転したようで、門の表札も外されています。そのうち道標の表所も「山陽スポーツパーク」に変わるのかもしれませんね。

12時1分 山陽邑事務所前を出発、タラ展望台まで 4.9km
d0115985_22205284.jpg

事務所跡の前の道に入って行きます。
d0115985_22205748.jpg
橋を渡るとスポーツパークのフェンス
d0115985_22210927.jpg
スポーツパークに沿って歩きます。
d0115985_22211938.jpg

12時6分、タラ展望台まで4.7km
アッ、標識が「スポーツパーク」になってる!
d0115985_22212765.jpg

スポーツパークの駐車場に入る道がありました。
カカオマップやNAVERのロードビューではスポーツパークの奥からウォーキングロードに出られるかわからなかったので山陽邑事務所まで戻りましたが、スポーツパークの中を突っ切れば良かったのです。
d0115985_22214137.jpg
ウォーキングロード上にも化粧室が設けられてありました。
d0115985_12404195.png
カカオマップのロードビューの写真です。
こちらがこの先タラ公園までの最後の化粧室です。

しばらく行くとフェンスが、、、


d0115985_22220278.jpg
ヒマン農場って書いてあるけど、、、
d0115985_22221399.jpg
大丈夫、ちゃんとブルーのウォーキングロードのイラストとラインがついています。
d0115985_22224465.jpg
そのまま進むとまた未舗装の山道になりました。
d0115985_22225165.jpg

12時16分、タラ展望台まで 4.2km
d0115985_22225728.jpg

12時37分、タラ展望台まで 3.7km
d0115985_22230508.jpg
ヒマンボン(希望峰)です。
d0115985_22231540.jpg
ヒマンボンからの展望はありません。
「探訪路下山情報お知らせ」
1.ここから山陽スポーツパークまで約30分かかりますので17時以前に下山してください。
2.ここからタラ駐車場まで約2時間20分かかりますので15時以前に下山してください。
d0115985_22232266.jpg
ここから先の休憩できるポイントには同じようなお知らせがあって、だんだん短くなるタラ駐車場までの距離を励みの歩きました。

12時49分、タラ駐車場まで 3.1km
第1展望台に到着
d0115985_22233037.jpg
閑麗水道の素晴らしい景色が眼下に広がります。
d0115985_22234095.jpg
d0115985_22235547.jpg

13時11分、タラ展望台まで 2.5km
d0115985_22240938.jpg
竹薮の中の道を進みます。
d0115985_22250019.jpg

決して険しくはありませんが、アップダウンが続いてだんだん疲れてきました。
ミルクチからこれまでハイカーに会うこともなかったのですが、この辺から何組かのパーティに追い抜かされました
その度に小休止して道を譲っていましたが、何度も「ひとりですか?」と聞かれました。その度に「夫がいます」と。

13時26分、タラ展望台まで 2.1km
d0115985_22251352.jpg
第2展望台に到着
休んでいると後から来たご夫婦が「写真撮りましょうか」と。お言葉に甘えて撮っていただきました。逆光でちょっと手こずっておられましたが、貴重な2ショットができました。
d0115985_22253013.jpg
お返しに撮りましょうかと言う間もなく、ご夫婦は先を急がれました。
ここでしばらく休んで、、、
d0115985_22254124.jpg
d0115985_22255035.jpg
山道を登り降りして疲れきった頃に素晴らしいパノラマが現れて元気づけてくれます。

13時50分、タラ展望台まで 1.7km
d0115985_22255895.jpg

13時58分、タラ展望台まで 1.4km
d0115985_22260531.jpg
大きな岩の先に海が見渡せます。
d0115985_22261273.jpg

14時4分、タラ展望台まで 1km
d0115985_22262536.jpg

14時15分、タラ展望台まで 0.8km
マンサンです。
d0115985_22263895.jpg
閑麗水道が目の前に広がります。
d0115985_22270949.jpg
展望台もあります。
d0115985_22272547.jpg
ここで景色を眺めて
d0115985_22273529.jpg
d0115985_22274333.jpg

14時27分、長い階段が現れました。
d0115985_22275285.jpg
階段がを降りきってしばらく行くと
d0115985_22280773.jpg
また階段。
d0115985_22282036.jpg

どうやらタラ公園が近づいてきたようです。人のざわめきが聞こえてきました。
d0115985_22285891.jpg

タラギルのゲートにつきました。
d0115985_22290825.jpg

公園の入り口の電光掲示板には3.9℃と。
d0115985_22291839.jpg
14時40分、タラギル9.4kmを歩き通しました。
d0115985_00112795.jpg
彌来寺から5時間50分、普通は5時間で着くようですが、私たちは7時間はかかると思っていたので予定より早く到着したことになります。

タラ公園の観光案内所でパダべクリギルのパンフレットをいただきました。
初日に統営バスターミナルの観光案内所でgetできなかったそれです。
パダべクリギルのパンフレット以外にも閑麗海上国立公園のパンフレットとかいろいろあります。
d0115985_09560046.jpg

統営に行ったらほとんどの人が必ず乗るであろう閑麗海上ケーブルカーには乗らなかったけれど、とてもステキな山歩きができました。
タラギルは変化にとんだ道だし、途中山陽スポーツパーク辺りからならバスに乗ってリタイアすることもできます。
スポーツパークからの道は疲れた頃に海が眺められるのも魅力です。
オススメします!

次は船に乗って小毎勿島の灯台ギルなど歩いてみたいけれども、、、2度目の統営はあるかなあ。。















第2回プラチナブロガーコンテスト
旅行・お出かけ部門に応募します

[PR]
by kaze-24 | 2018-01-23 20:05 | 2017.12 統営 | Comments(0)

3日目(3)タラギル(その2)ミルクチ〜ヤソマウル〜山陽スポーツ パーク 2017.12.16統営

10時25分、ミルクチを後にヤソマウルを目指して山を下って行きます。
d0115985_22052782.jpg

道沿いに石垣があったりするなだらかな山道です。
d0115985_22054185.jpg

10時31分、山陽邑事務所まで 2.1キロ
d0115985_22054806.jpg

村が見えてきました。
d0115985_22055511.jpg

10時45分、山陽邑事務所まで 1.7キロ
d0115985_22060204.jpg

舗装された道になって
d0115985_22060853.jpg

10時50分、山陽邑事務所まで 1.4キロ
d0115985_22061606.jpg
d0115985_22062261.jpg

村に到着です。
d0115985_22063037.jpg

야소마을/ヤソマウル(금평마을/錦坪マウル)、漢字で書くと「冶所」朝鮮時代は兵器廠があった所だそう、
しかし今は、、、
d0115985_22064632.jpg
それぞれの家の外壁には表札代わりのかわいらしいアートが。
ビワの木の下には「ビワの木の家」
d0115985_22071741.jpg

貝殻で飾られた豪華な装飾

d0115985_22072456.jpg
d0115985_22073979.jpg

「ブドウ 房ごとの幸福」
d0115985_22075829.jpg

「カボチャ さつまいも」それを食べる幸せそうな子供の顔
d0115985_22080450.jpg


d0115985_22081861.jpg

「牡牛の家
d0115985_22084708.jpg


d0115985_22085308.jpg
派手な壁画もいいけれど、かわいくて心温まるアートの数々が目を楽しませてくれます。

10時57分、山陽邑事務所まで 1.1キロ
d0115985_22090413.jpg
금평バス停に出ました。

川沿いの家の外壁にも花のアート
d0115985_22091893.jpg
d0115985_22102217.jpg


d0115985_22103181.jpg

道路を少し進むと東屋があります。
d0115985_22104065.jpg
ちょっと早いですが、ここで昼ごはんにしましょう。
ウォーキングで昼ごはんの場所を確保するのはお手洗いの情報を得るのと同じ位重要だと思っています。
落ち着いてゆっくり食事したいですし、食事が済んだらお手洗いも済ませたいですしね。
山陽邑事務所から山道に入ったら休憩できる場所はいくつかあるようですが、お手洗いは終点の達牙公園までなさそう、、、韓国まで来てキジ打ちやお花積みはしたくないですから。。。
そんな時見つけたのがこちらのブログ→
バス停近くの東屋はカカオマップのスカイビューで見つけました。
d0115985_20074077.png
ブログ氏と同じく朝に買った忠武キムバの包みを広げます。
d0115985_22105427.jpg
日本の方のブログで忠武キムバの食べ比べしたところ、プンファキムバのが一番美味しかったというのを読んでそこのキムバを買った次第、、、
スープを入れるのにカフェで貰ったコーヒーのカップを洗って持ってきたのですが、発泡スチロールのボウルとスープに入って入るシレギをすくうためのプラスチックのスプーンがちゃんと入っていました。
美味しかったです。
しかし寒くて、、、
それでも食後のコーヒーとデザートのミカンも食べて英気を養います。

さあ、そろそろ出発しましょう。
d0115985_22110233.jpg
しばらくは道路を歩いて行きます。

道路沿いの家にもかわいい表札があがっています。
「土も心も柔らかい家」
d0115985_22111196.jpg

「昔の青い屋根の家」
d0115985_22111914.jpg

금평중촌마을バス停のそばにも東屋がありました。
d0115985_22112900.jpg

橋を渡ると村の入り口です。
d0115985_22113817.jpg

村の入り口にはヤソ谷の説明文がありました。
d0115985_22114848.jpg

突然流れて来る有線放送に日本の田舎と同じだなんて思いながら歩いていると、山陽市民スポーツパークに到着です。
d0115985_22122882.jpg











第2回プラチナブロガーコンテスト
旅行・お出かけ部門に応募します

[PR]
by kaze-24 | 2018-01-20 21:29 | 2017.12 統営 | Comments(0)

3日目(2)タラギル(その1)彌来寺〜彌勒山〜ミルクチ 2017.12.16統営

8時55分、タラギル(달아길/達牙道)ウォーキングを開始します。
d0115985_11540479.jpg

d0115985_11541195.jpg
d0115985_11541897.jpg

9時21分、右に行くとケーブルカー乗り場、左に行くと彌勒山頂上の分岐点です。
d0115985_11543018.jpg
ケーブルカー乗り場の方に登っていきます。道が階段になって乗り場が近くなったのがわかります。

9時25分、ケーブルカー乗り場に到着。
d0115985_11543748.jpg
ケーブルカーの始発は9時30分、誰もいないケーブルカー乗り場からの展望を独り占め!

曇り空なのがちょっと恨めしい。。。
d0115985_11544893.jpg

お手洗いを借りて、、、
お掃除のアジョシに「どうやって来た」と驚かれてしまいました。
お手洗いから出てくるとケーブルカーが到着したようで人、人、人、、、世界が変わっていた。。。
d0115985_11545436.jpg

9時34分、ケーブルカー乗り場を出発、頂上に向かいます。
d0115985_11550083.jpg
頂上までは階段と歩道デッキが続いています。観光客が多いのでしょう、乗り場近くの階段は往路と復路が仕切られています。
d0115985_11551211.jpg

展望台からの景色を楽しみ、、、
d0115985_11552895.jpg
統営の市街地、海沿いの緑の小さな山かげが私たちのホテルかな?
d0115985_11553555.jpg

9時52分、彌勒山頂上に到着。
d0115985_11561708.jpg
頂上の石碑の周りは大混雑、記念撮影は諦めました。

d0115985_11562558.jpg

미륵치(ミルクチ)に向かいます。
行く手は、、、
d0115985_11563831.jpg
ええッ!こんなところを行くの?
そういえば韓国の方のブログにも1か所危険なところがあると書いてあったけれど、ここのことなのね、、、
d0115985_11563185.jpg

おっかなびっくりで降りるワタシ、、、
d0115985_11564470.jpg

次は岩場の細い道
d0115985_11570098.jpg
やっとの思いで通り過ぎて後ろを振り返ります。

後はフツーの山道、のんびり歩きます。
彌勒山はケーブルカーで行く以外に龍華寺からの登山道もあるようです。何組かとすれ違いました。

10時23分、ミルクチに到着
d0115985_11570902.jpg
ここで初めて最終目的地の地名が出てきました。
달아 천망대(タラチョンマンデ/達牙展望台)7.2km
미륵불 천망대(彌勒仏展望台)2.2km
タラギルは14.7kmとパンフレットにあるけれど、実際は9.4kmの道程のようです。

これから7.2km、歩いていきます。









第2回プラチナブロガーコンテスト
旅行・お出かけ部門に応募します

[PR]
by kaze-24 | 2018-01-20 00:30 | 2017.12 統営 | Comments(0)

3日目(1)パダペクリギル出発 2017.12.16統営

3日目の朝です。
この日は昨日と違ってちょっと曇り空、それでも建物の後ろから昇る朝日を見ることができました。
d0115985_10223530.jpg

ホテルのコーヒーショップで無料のコーヒーをもらってポットに詰めて、、、
タクシーを呼んでもらって8時ちょうどにホテルを出発します。

タクシーのギサニムにカカオマップを示して「まずプンファキムバに行って、キムバを買って、彌来寺まで」とお願いしました。
なんとか通じたようでタクシーは出発しました。

すぐに最初の目的地、プンファキムバに到着しました。
d0115985_17442041.png
カカオマップのロードビューの写真です

プンファキムバ

풍화김밥
055-644-1990
경상남도 통영시 서호동 177-339

ちょっと待っててねと言って店内に入ります。
忠武キムバのポジャンを2人分、今日のお弁当です。スープは持ってきたポットに入れてもらいます。


タクシーは忠武橋を渡って彌勒島に入ると前日に行った遊覧船ターミナルの前を通り、海沿いの道を行くかと思えばどんどん山を登り、木々の間から海が見えるかと思うと海沿いにでる、、、という起伏にとんだ山陽観光一周道路を走り、彌来寺入口のバス停辺りから彌来寺に至る道に入るとヒノキの林を縫うように続く細くクネクネした山道を登り、彌来寺の駐車場に到着しました。
ホテルから26分、15800ウォンでした。
思わず「注意して帰ってくださいね」なんて言ってしまってタクシーを降ります。

今日は私たちの旅行のメインイベント、トレッキングです。
駐車場の後ろに미륵불(彌勒仏)の案内板があります。
矢印の方に歩いていきます。
d0115985_10224289.jpg

ヒノキの木の幹に바다잭리길という標識があります。
d0115985_10224854.jpg
このイラストは昨年の3月に海印寺ソリギルを歩いた時に見たのと同じ絵です。

統営に行くと決めてコースを考えていた時「お寺はどうかな」と彌来寺のレビューをカカオマップで見ていてこのイラストを見つけました。
google検索するとすぐに出てきました →

統営の島を歩く5つの道、パダペクリギル(바다백리길/海百里道)を設定しています。
d0115985_11535513.jpg
そして今回私たちが歩くのが彌勒島を歩く第1コース、タラギル(다라길/達牙道)です。
d0115985_11533876.jpg
14.7キロ/5時間とありますがゆっくり歩くので7時間かけるつもりです。

出発地の彌来寺に行く前に彌勒仏展望台に行ってみます。
ヒノキの林を歩いて行くと
d0115985_10225783.jpg
展望台が見えてきました。
d0115985_10231528.jpg
彌勒仏
d0115985_10232362.jpg
猫の家族でしょうか?
d0115985_10233199.jpg

展望台からの閑麗水道の景色
d0115985_10234045.jpg
天気がイマイチなのが残念、、、
d0115985_10234990.jpg

駐車場に戻ってきました。
d0115985_10240732.jpg

彌来寺に向かいます。
像の彫刻がかわいい橋を渡って
d0115985_10245390.jpg
d0115985_10250755.jpg

d0115985_10251697.jpg

水色のウォーキングロードの案内のラインが引かれています。
d0115985_10252439.jpg

彌来寺天王門
d0115985_10253585.jpg
大雄殿
d0115985_10254276.jpg
小ぢんまりした静かなお寺です。
梵鐘楼の形がユニークで美しいです。
d0115985_10255136.jpg

また橋を渡って道路に戻り、
d0115985_10255923.jpg
青いラインに沿って歩いて行くと
d0115985_10260609.jpg
ウォーキングロードの入口です。
d0115985_10261200.jpg









第2回プラチナブロガーコンテスト
旅行・お出かけ部門に応募します

[PR]
by kaze-24 | 2018-01-18 22:17 | 2017.12 統営 | Comments(0)

統営に行ってきます

明日から韓国に行ってきます。

今から遡ること、3ヶ月前。。。
9月8日9日のビッグイベントに向けて暑い夏の間ズーーーーとガンバって、それが終わってホッとすると、無性に何処かへ行きたくなりました。
折しもプサンエアーはFLY EARLYキャンペーンの期間中。
d0115985_16075879.png
釜山までの運賃が往復7000円。空港税、燃油サーチャージを含めて1人12860円、これは行くしかないでしょと夫の同意を求めてチケットをポチってしまいました。

行き先は、、、
その頃「次に行くなら順天 麗水!」といろいろ妄想していたのですが、順天は梅や山茱萸の花の頃に、、、と思っていたのでそれは却下。

ちょうど、よくお邪魔しているブログに統営旅行の記事が上がりました。
統営は「星から来たあなた」を見ていた時に長蛇島を知り、そこから妄想旅行→ をしていたのですが、あの咲き誇る真っ赤な椿の花が撮影用の가짜(偽物)とわかって、統営への興味はスーーと消えてしまっていました。
しかし、統営の旅行記を読んでまたまた行きたい気分に、、、

大好きな牡蠣も食べられるし、冬の澄んだ空気の中で海の風景もみたい。。。

統営に決定です!

以前に妄想旅行をしていたので、おおまかな予定はすぐに出来上がりました。
統営に2泊、釜山に2泊することにして宿も押さえましたが、、、
あれこれ考えて行くと統営2泊では納まりそうにない。。。
結局、統営に3泊、釜山は1泊することにしました。

それから3ヶ月、12月初旬までは忙しい日が続くですが、電車やバス移動の間はもちろん、少しでも隙があるとカカオマップを眺めて予定を立てました。
d0115985_16084104.png
地図の星印が行きたいところ。

またまたトレッキングシューズ持参で山歩きもする予定、ワクワクしています!

旅行中のブログupは多分できないでしょうが、インスタグラム→ に旅の様子をガンバって上げていきたいと思っています。








[PR]
by kaze-24 | 2017-12-13 21:53 | 2017.12 統営 | Comments(0)

4日目(5) 海印寺ソリギル その5 2017/3/12

d0115985_17402825.jpg
海印寺入り口のバス停の手前あたりから海印寺の一柱門までがソリギルの第5区間です。

d0115985_17405224.jpg

バス停の前の道を行くと海印寺です。ここに来て人がどっと増えました。
d0115985_17404087.jpg

道沿いには見たことのない食品や
d0115985_17411803.jpg

山菜とか
d0115985_17412682.jpg

これはトラジ?
d0115985_17413225.jpg

ツルニンジン?
d0115985_17414599.jpg
露店がずらーーーっと並んでいます。
さつまいものチップスなどを味見させてもらって「ナジュゲ~(後で)」なんて店を冷やかして歩きます。

こちらはまだソリギルの一部なのですが「静かに音を楽しむ」という気持ちはなくなって、すっかり物見遊山気分です。これから霊験新たかな寺刹に行くのですが、、、

人の流れについて露店が途切れたところで左に曲がり、緩やかな坂を上ると聖宝博物館。

更に歩いて
d0115985_17420566.jpg

海印寺の一柱門が見えてきました。
d0115985_17423586.jpg

門の向かいには世界遺産の石碑があります。
d0115985_17424200.jpg
海印寺の八万大蔵経板を納める蔵経板殿は1995年に世界文化遺産に、八万大蔵経板は2007年に世界記憶遺産に登録されています。
くわしくはこちら→ やこちら→ で。

石碑の横には記念撮影用のスニムの顔出しパネルとかもあって年甲斐もなくちょっと遊んだりして、、、
d0115985_23125392.jpg

d0115985_17424936.jpg
12時、海印寺ソリギルの全行程7.2kmを歩き終えました。

普通なら2時間半の道のりですが、余程のんびり歩いたのでしょうか?3時間以上かかってしまいました。
でも、疲れることもなく、清々しい気分で歩きとおすことができました。

海印寺ソリギル、おすすめです! 今度は新緑の季節か紅葉の時期に歩きたいものです。
お供してくれる人、いませんか?






[PR]
by kaze-24 | 2017-06-08 10:33 | 2017.3 大邱 | Comments(0)

4日目(4) 海印寺ソリギル その4 2017/3/12大邱

紅流門の端に券売場があります。
ここから入場料がいるようです。旅行ガイドなどではバスで海印寺まで行くと、ここで係りの人が乗り込んできて料金を徴集するとか、、、
d0115985_17203159.jpg
「65歳以上無料」とあったので「夫は67歳」と英語混じりで言うと券売場のアガシは「うりならさらむばっけ」だって。。。
先日の国立大邱科学館では無料だったし、以前母と行ったソウルの古宮でも65歳以上無料だったのに、、、
別にいいです。。。
入場料は大人1人3000ウォン、韓国はどこも入場料が安いのでありがたいです。

ここからがソリギル第3区間になります。
d0115985_17204377.jpg

紅流門を抜けると駐車場があって、御手洗いと休憩スペースがありました。
ここで荷物を下ろしてお茶と甘味やスナック菓子でエネルギーをチャージ、15分ほど休憩して10時25分、また歩き始めました。

車道に沿った道を少し行くとこれから渡る橋が見えてきました。
d0115985_17205547.jpg
橋の上からの眺めです。
d0115985_17210385.jpg
岩には何やら字が彫ってあります。
d0115985_17211702.jpg
第2区間からの渓谷を紅流洞渓谷というようです。
紅流というのですから秋には紅葉がさぞや美しいのでしょう。若葉の頃でも青もみじで美しいのでしょうが、このときはまだ松の緑しか見えません。

対岸の遊歩道を歩いて行くと籠山亭
d0115985_17212441.jpg

第3区間に入って歩く人の数がぐっと増えました。
更に歩いて行きます。
d0115985_17213287.jpg


d0115985_17213923.jpg

山の斜面に向かって「吉祥庵/길상암」という道標がありました。
d0115985_17215427.jpg
韓国の方のブログでその存在を知っていたので行ってみることにしました。
が、、、えっ!? こんな急な斜面を登って行くの?
幅のせまい石段がちゃんとあるのですが、道も見えないほど落ち葉が積もっています。
途中、写真を撮る余裕もなく登って行くと庵の全景が見えてきました。
d0115985_17220147.jpg

遊歩道をもう少し先まで行ってこちらの階段から来たら良かったのですね。
d0115985_17223741.jpg

本殿まで登ってきました。
d0115985_17224675.jpg
先に羅漢殿があるようですが、そこまではもういいです。
d0115985_17225488.jpg
高いところからの眺め、やはりいいです。
d0115985_17230135.jpg

そろそろ下りていきましょう。
右の方に見えるのが私たちが登って来た道道です。
d0115985_17230825.jpg
長い階段を下りて本来の入り口に到着。
d0115985_17231856.jpg
庵の入り口の横、川沿いにお釈迦様の石仏があります。
d0115985_17233490.jpg

吉祥庵までがソリギル第3区間、第4区間に入りました。
しばらくは川の左岸を歩いて行きます。
d0115985_17234665.jpg

対岸の崖に向いて見晴台がありました。
d0115985_17235576.jpg
ここが落花潭(낙화담)でしょうか? 氷の塊が崖を被っています。
d0115985_17240258.jpg


d0115985_17301274.jpg
畳石台(첩석대)?

美しい自然を満喫しながら歩いて
d0115985_17302374.jpg
橋を渡ると車道に出ました。
d0115985_17303204.jpg
目の前のガソリンスタンドの裏からまた遊歩道があったようなのですが、それに気付かなくて車道沿いの歩道を行きました。
この先の車道の橋でソリギル第4区間が終わります。
11時35分、第4区間終了です。


[PR]
by kaze-24 | 2017-06-06 15:20 | 2017.3 大邱 | Comments(0)

4日目(3) 海印寺ソリギル その3 2017/3/12大邱

ここからソリギルの第2区間が始まります。
d0115985_09423410.jpg

のどかな田舎道から渓流沿いの道になりました。
d0115985_09424820.jpg
d0115985_09425728.jpg

七星台(칠성대/チルソンデ)
d0115985_09431415.jpg
こちらのことでしょうか?
d0115985_09430693.jpg

橋を渡り、 
d0115985_09432109.jpg
d0115985_09432815.jpg
こんなゴツゴツした岩場もたまにあって、、、
d0115985_09433717.jpg
聞こえてくるのはせせらぎの音と鳥の声、そして木々を渡る風の音だけです。
そんな自然の音を楽しみながら歩いて行きます。

涅槃仏が有りました。
d0115985_09435501.jpg
案内板には「海印寺アートプロジェクト」と書いてあります。
d0115985_09444252.jpg

すぐ横には道路があって、時折自動車やバスが走って行きますが、それが信じられないような穏やかな道です。
d0115985_09444926.jpg

更に行くと小さな池が、
d0115985_09445907.jpg
夏になったら蓮の花が咲くのでしょうか?

また小さな橋を渡ります。
d0115985_09450560.jpg
どの橋にもこんな看板が掛かっています。
d0115985_09451406.jpg
「水麗しき陜川」(?)
「秀麗なる(소려한」と掛けてあるのかな?
韓国のどの町にもある町のキャッチフレーズのようです。

松の緑と岩から落ちてくる水の流れ、橋の上から景色を眺めます。
d0115985_09452253.jpg
美しい景色ですが、木々はまだ冬の姿、これが新緑の季節だったらどんなに美しいことでしょう。。。
歩くのには冬が暑くなくていいのですが、風景を楽しむのなら5月がいいのでしょうね。

丸太のピラミッド?! これもアート?
d0115985_09453030.jpg

ハート型に傷ついた松の木がたくさんありました。
d0115985_09453792.jpg
日本による植民地時代から1960年代まで松脂を採っていた痕のようです。。。って案内板見てもハングル読めても意味わかりませーーーん。
d0115985_17452692.jpg

橋を渡って、車道に出ると
d0115985_09454669.jpg
海印寺の券売場、紅流門が見えてきました。
d0115985_09460417.jpg
第2区間はここまで、10時10分、到着です。

[PR]
by kaze-24 | 2017-06-01 22:18 | 2017.3 大邱 | Comments(0)
line

趣味のこと、旅のこと、くらしのつれづれを綴ります


by kaze-24
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite