風つうしん

kazetushin.exblog.jp ブログトップ

タグ:こころ ( 3 ) タグの人気記事

妄想旅行 統営

週に一度、母の世話に奈良まで通っています。1時間の電車での移動時間は貴重な息抜きのひとときです。
何をしているかというと、、、、
タブレット端末を手にブログの更新か、妄想旅。。。

特に予定はないけれど、次に行きたい旅の計画をたてています。

今行きたいのは、韓国なら大邱に統営、国内だと沖縄。台湾にも行きたいです。
週に一度定期的に母の元に行っているので6日以上の旅行は当分行けそうにありませんが。。。


さて、タイトルの統営ですが、、、

「星から来たあなた」の第19話、トミンジュンとソンイが病院からワープした椿のトンネル、その風景に目を奪われました。

これですね。
d0115985_08401474.jpeg
d0115985_08402909.jpeg
すぐに「星から来たあなた ロケ地」で検索。韓国観光公社のページがヒットして統営の長蛇島だというのは簡単にわかりました。
daumの地図で見たらこちらですね、オレンジ色のポッチがある島です。
d0115985_08404822.jpeg
下のオレンジポッチがTV画面の場所のようです。
d0115985_08410374.jpeg
「ここ行きたい!」それからは暇があるとネットで情報収集、遊覧船の乗船時間は統営からより巨勢からのほうが短いようだけれど、バスターミナルからの交通の便は統営のほうがはるかに良さそうです。

統営は文禄慶長の役での李舜臣にゆかりの地なので日本人の私たちにはちょっと近寄り難い場所なのですが、「東洋のナポリ」と韓国の方がいう観光地です。「星から来たあなた」以外のドラマの舞台にもなっています。
韓国ドラマはよく見ているけれど、いつも何かしながらの流し見なので画面はやっと字幕を追う程度、込み入った内容はよく覚えていません。「優しい男」の最終回は統営が舞台だったと聞いてもまるっきり記憶にありません。「パダムパダム」の統営の景色は記憶にあるけれど、話の筋はわからずじまい。。。
でもドラマの美しい風景が私を統営に誘います。

長蛇島に行って、閑麗水道眺望ケーブルで弥勒山に登って、トンビラン壁画村に行って、、、やはり李舜臣ゆかりの地も訪ねて、、、
1日では足りないわ、宿はどこにしよう、、、なんて考えて楽天とかアゴダとか見てしまいます。

食事は?、、、遊覧船乗り場やケーブルの乗り場近くをdaumの地図で美味しい店を検索すると大好きな牡蠣料理の店が見つかりました。
d0115985_08412012.jpeg
椿がきれいで牡蠣のシーズン、行くなら今でしょ!
妄想はどんどん膨らんで行きます。

こちらは我が家の椿、年末年始の暖冬のお陰でお正月の頃からいっぱい花をつけています。
d0115985_08414024.jpeg
d0115985_08415319.jpeg
あ~統営行きたい!
今年はいくらなんでも、もう無理なので行くなら来年?
もし行けるなら、あのドラマ、このドラマを見ていて一緒に盛り上がれる人と行きたいんだけど、ほとんどいないのよね、私、、、、そんな友達。。。


[PR]
by kaze-24 | 2016-02-11 13:11 | 旅の計画 | Comments(2)

キルト三昧

先週の水曜日、キルトのしつけがやっと完了しました。
次の日からキルティングを始めました。
いつもなら3日かかるしつけですが、今回は3日で終わりませんでした。

そんな中、東京ドームの国際キルトフェスティバルに行って来ました。2ヶ月前に優待で飛行機を予約してあったので行っちゃいましたが、予約してなかったら行かなかったかも。。。
3月の末迄になにがなんでも仕上げないといけないので、かなり焦っていました。

いつものように一番の飛行機で行って6時前まで会場にいました。
d0115985_08401544.jpg
一日中見ても見飽きない東京ドームのキルトフェスティバルはさすがだと思います。


キルト作家による今年の新作キルトの饗宴のテーマは「衝撃のログキャビン」でした。
私たちの教室の今年のテーマもログキャビンなので、興味深く見てまわりましたが、まだラフスケッチを描いたばかりでデザインもできてない時に、これほどたくさんの作品に接したのはよかったのか、悪かったのか。。。

この作品に
d0115985_08401536.jpg
この作品も
d0115985_08401541.jpg
この蝶々も
d0115985_08401672.jpg
こんな作品も、、、
d0115985_08401695.jpg
和の部門 第3位のこちらの作品もログキャビンを使っています。
d0115985_08401610.jpg
そんな中で一番好きだったのがこちらの作品。
d0115985_08401679.jpg
d0115985_08401654.jpg

今回のキルトフェスティバルのコンテストでは私たちの先生が審査員を務められていたので出品したかったし、先生からも「どうして出品しなかった?」と言われてしまったのですが、欠点ばかりが目についてとても出品できませんでした。会場に来て展示されている作品を見ると、自分の力の無さにガックリします。勉強になることばかりです。

素晴らしい作品を見ると、影響されてしまいそうで怖いです。特にこれから作るのがログキャビンだし。。。
この日見た作品を頭から振り払って最初に思い付いたイメージを大切に育てたい、、、そんなことを考えながら会場を後にしました。

会場を出ると外はもう真っ暗、イルミネーションがきれいです。
d0115985_08401660.jpg
思わずカメラのシャッターを押しましたが、夜景モードに設定してもう一度撮ろうとしたら電池切れでした。


キルトフェスティバルから帰った翌日、やっとしつけが終わりました。
d0115985_08401602.jpg
しつけの途中、しつけ糸の巻きがどんどん細くなってきて、買い置きはあるものの、足りるか心配しましたが(寒~い納戸の奥の方に置いてあるので)何とか足りました。

裏地はキルトトップのイメージに合わせて花柄にしました。ちょっと気に入っています。

キルティングは思いの外順調に進んでいます。
道具を準備することも材料を広げる必要もないのでちょっとした時間でも作業することが出来ます。
頭を空っぽにして無心に針を運ぶキルティング、キルト制作の中で一番好きな作業かもしれません。
しばらくはキルト三昧の日が続きます。





[PR]
by kaze-24 | 2016-02-04 13:15 | キルトなど | Comments(2)

善光寺御開張 2015.5

今年は七年に一度の善光寺御開張です。
信州にご縁が出来てからは毎年のように善光寺を訪れていて、ご開帳にも何回か行ったことがありますが、昔は7年がずいぶん長く感じていましたが、この頃は7年がすぐに巡ってくる気がします。

参道近くの駐車場に車を止めて向かいます。
d0115985_114467.jpg
宿坊や
d0115985_1144766.jpg
尼公さんのおわす大本願を見ながら
d0115985_1144837.jpg
仁王門へ。
いつもは善光寺の北側や東側の駐車場に車を止めることが多かったので仁王門をしげしげ眺めたことはあまりなかったかも。。。
d0115985_1144880.jpg
高村光雲、米原雲海作の仁王像、背後には三宝荒神と三面大黒天がおわします。門の中であまり良く見えませんが、、、、
d0115985_1144976.jpg
d0115985_1144963.jpg
参道を進んで行くと列が出来ていました。「回向柱への列?」と思って係員に聞いて見るとお数珠頂戴の列でした。「お数珠頂戴はここまでです」と正に私たちがいる場所を示しています。良いときに行き合わせたと列に並びました。尼公様はすぐそこまで来ていらっしゃいました。座って手を合わせて尼公様を待ちます。「合掌してください、でも歌ったらダメですよ」なんて係員に叫んでいます。神妙にしたいのに思わず吹き出しそうになりました。
尼公様のお数珠が頭に触れました。心なしかほわっとした暖かい気分になりました。
d0115985_11441035.jpg
善光寺の山門、
山門の登楼参拝は平成20年から40年振りに再開されたのでまだ行ったことがありません。この機会に参拝してみることにしました。
d0115985_11441154.jpg
急な階段を上って
d0115985_11441294.jpg
山門の上から景色を眺めます。
回向柱への列でしょうか?列がのびています。
d0115985_11441250.jpg
貫主様のお住まいの大勧進
d0115985_11441377.jpg
道を隔ててある釈迦堂
d0115985_11441327.jpg
正面から身を乗り出すとすぐ上に善光寺の鳩が隠れている額が見えました。手を伸ばして写真を1枚。
d0115985_11441416.jpg
もう1枚! 
d0115985_11441422.jpg
山門を出ると回向柱への列。この時、最後尾はちょうど山門の下ぐらいでした。
d0115985_114415100.jpg
列に並びます。
d0115985_11441549.jpg
だんだん近付いて来ます。
d0115985_11441651.jpg
もう少しです。
d0115985_11441771.jpg
回向柱の前まできました。しっかりさわって前立本尊とご縁を結びます。
d0115985_11441735.jpg

回向柱に結ばれた白い綱は本堂に入って五色の糸となり、金糸になって7年に1度姿を現した前立本尊の右手につながっています。
d0115985_11441855.jpg
d0115985_11441823.jpg
d0115985_11441987.jpg
ご縁を結んだ後、ご朱印をいただこうとすると
d0115985_11441943.jpg
なんと1時間待ち、、、
朱印帳に書いていただくには朱印帳をお預けしてさらに2時間が必要とか、、、とてもそこまでの時間はないので紙のご朱印をいただくことにして列に並びました。
d0115985_11442078.jpg
ようやくご朱印をいただいて本堂へ。
12年前に来たときは確か内陣で参拝してお戒壇巡りをした覚えがあるけれど、今回は外陣から拝ませていただきます。
d0115985_11442052.jpg
本堂の回廊から
お昼近くなり、参拝客はますます増えて「回向柱まで40分、内陣まで90分」との案内アナウンスが流れていました。
d0115985_11442154.jpg
境内を後に、釈迦堂へ。こちらのご本尊、釈迦涅槃像の手にもひもが結ばれています。
d0115985_1144213.jpg
この通り、宿坊が並んでいていい感じです。
d0115985_11442275.jpg




[PR]
by kaze-24 | 2015-05-25 18:34 | 信州 | Comments(0)
line

趣味のこと、旅のこと、くらしのつれづれを綴ります


by kaze-24
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite