風つうしん

kazetushin.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2日目(7)アプ山の夕日 2017/3/10大邱

ケーブルカーを降りて、同乗の人々について歩いて行くと、、、
d0115985_15561590.jpg
先を行く夫が休憩所の外階段を見つけて上がってしまいました。
休憩所の屋上に行くと、ちょうど木立の間に夕日が沈んでいくところです。
d0115985_16280058.jpg
d0115985_07422499.jpeg

夫はいい気分で写真を撮っていますが、私が行きたいのはここじゃないんですけど、、、

あそこに展望台って矢印があるでしょ、、、って、夫はハングルは読めないから知るわけないけれど、、、
「下り坂やないか」と渋る夫をせき立てて展望台に急ぎました。

アプ山の展望台で大邱の日没を見よう、、、そういう計画なのです。
この日の日没時間は18時28分、前もってちゃんと調べてあります。
せっかく時間を合わせて山上まで来たのに急がないと日没に間に合いません。
ブログなどで見ていたゲートに到着しました。
d0115985_07424877.jpeg
6時20分、ちょうどいい時間です。

展望台はカップルだらけ、、、お決まりの南京錠もいっぱい柵に吊り下げられています。
d0115985_11121134.jpg
ハルモニとハラボジにはちょっと場違いだわ。。。

負けないで展望台に入っていきましょう。
山の中腹に張り出しているのでしょうか? 眼下に大邱の街並みが広がります。
d0115985_11122024.jpg

そうこうする内に西の山に夕日が沈んでいきます。
d0115985_15575997.jpg
d0115985_15572792.jpg
d0115985_15565517.jpg
頑張って来てよかった。。。

夕日がすっかり山の陰に隠れて、後ろを振り返るとゲートに灯りがともっています。
d0115985_07433284.jpeg

次のケーブルカーが到着したようです。カップルが次々とやって来ます。
d0115985_11122705.jpg
ハルモニたちは退散しましょう。

ライトが灯る道をケーブルカーの駅に引き返します。
d0115985_07435887.jpeg

ケーブルカーの窓から街の灯りが輝きだした大邱の町を眺めながら山を下ります。
d0115985_11123366.jpg

2日目が予定通り無事に終了しました。










[PR]
by kaze-24 | 2017-04-27 15:51 | 2017.3 大邱 | Comments(0)

2日目(6) アプ山へ 2017/3/10大邱

シティツアーバスを降りて地下鉄1号線に乗り、嶺大病院駅で나구(南区)1-1バスに乗り換えます。
남구1-1バスの配車間隔は14分、しばらく待つとバスはやって来ました。約15分でアプ山公園管理事務所前停留所に到着。

公園に入って歩いて行きます。
緩やかな坂を登って行くと洛東江勝戦記念館。
d0115985_09344728.jpg
朝鮮戦争の時、祖国守護の最後の砦だった洛東江防御線で侵略軍を退けた歴史的勝利を記念してできたそうです。(詳しくはこちら→で)
5時を過ぎて記念館はすでに閉館していましたが、敷地内に入ってみると、その当時のものでしょうか?戦車などが展示されていました。
d0115985_09345375.jpg

さらに坂道を歩き、案内板を見て人道に入ります。
d0115985_09350098.jpg

バスを降りて10分ほど歩いたでしょうか?広場の向こうに目的の建物が見えてきました。
d0115985_09350747.jpg
アプ山ケーブルカー乗り場です。

d0115985_09351612.jpg

ケーブルカーの運行時間は月によって変わります。
3月から5月は以下のとおり
d0115985_09354128.jpg
平日は午後7時まで、金、土、日と公休日はもう少し遅くまで運行されます。

階段を登って2階で切符を買います。シティツアー利用者は割引があるとのお知らせが貼ってありましたが、都心循環コースが対象のようで、定期コースは割引の対象にはならないようです。

ひとり往復9500ウォンでした。
d0115985_12565095.jpg

待合室には待ち時間が表示されています。
d0115985_09353057.jpg
ケーブルカーに乗るにはまだまだ早すぎます。

その前にすることがあるのです。
こちらの1階に大邱に行ったら是非とも行ってみたいカフェがあるのを偶然知ってしまったのです。
「コーヒー名家」
d0115985_16072054.jpg
予定通り、ケーブルカーに乗る前にこちらでコーヒータイム。

注文したのはコーヒーとイチゴケーキ
d0115985_16075064.jpg
あれっ? 写真で見たのとちょっと違う、、、ケーキの上のイチゴがない、、、 まあ、いいか。。。
これも韓国的、、、なんて思ったりして、、、
イチゴたっぷりで爽やか!
思っていたとおり、美味しくいただきました。

そろそろいい時間です。
d0115985_09354818.jpg
ケーブルカーに乗り込みましょう。
d0115985_09355948.jpg

d0115985_16080810.jpg

d0115985_16084227.jpg


大邱の町を眼下に眺めているうちに山上駅に到着しました。
d0115985_14490055.jpg








[PR]
by kaze-24 | 2017-04-25 15:47 | 2017.3 大邱 | Comments(0)

2日目(5) ピスル山自然休養林@大邱シティツアー 2017/3/10大邱

最後の目的地、ピスル山自然休養林にやって来ました。
ここはこちらのブログ→で何度も紹介されていて、巨大岩好きの私としては、大見寺まで行きたかったのですが、ツアーが始まった時にガイドさんから「時間がないので大見寺までは行きません」と言われていました。
やはりこちらのブログで→大見寺まで行かないこともあるというのを知っていたのでショックはありませんでしたが、、、ツツジの群落の写真なんか載せてて「看板→に偽り有り」だわ!

ピスル山自然休養林の駐車場に到着しました。
d0115985_08591067.jpg
バス停の向こうに電気自動車乗り場の案内が見えます。

駐車場の後ろの階段を登って道路に出ました。
d0115985_08592746.jpg

横断歩道を渡って横道に入ります。
d0115985_08594364.jpg
d0115985_09000593.jpg

チャンスンがお出迎えしてくれます。
d0115985_09002110.jpg
ここまでガイドさんが案内がして下さいました。
d0115985_16014157.jpg
3時半まで約1時間の自由時間です。

私たちの横を電気自動車が走って行きます。
d0115985_09013255.jpg
乗りたかった。。。

案内地図の上の方、ピンク色の手前に大見寺があるのでしょう。
d0115985_09014759.jpg

気を取り直して歩いて行きます。
氷の壁が見えてきました。
d0115985_09020338.jpg
上の方から水が吹き出しているのが見えます。
こちらの冬の行事、氷祭りの名残でしょうか?
d0115985_09021738.jpg
d0115985_09023404.jpg
渓流沿いにプールや野外劇場があって、キャンプなどの施設もあります。

たくさんのドラマのロケ地になっているようです。
d0115985_09025499.jpg
4月からNHKBSで始まった「オクニョ運命の女」のロケ地でもあるようです。「オクニョ(獄女)・・・」って見る気がしない題だわ。。。原題の「獄中花」の方がずっと素敵なのに、、

ぶらぶらと散策しましたが、特に興味を引く物もなく、、、
駐車場に戻ります。
ガイドさんとお別れした橋のたもとにある消災寺(ソゲサ)
d0115985_16015308.jpg
お寺の中に入ってみました。
d0115985_16020799.jpg
d0115985_16021577.jpg
それにしてもいい天気だわ。。。

早々に駐車場に戻って来ました。もう一組のご夫婦も既に戻っていました。
d0115985_16022216.jpg

帰りは東大邱駅で下ろしてもらいました。
d0115985_08471509.jpeg
次の目的地に行くのにこちらの方が都合がいいので、、、

「大満足」とは言いがたいけれど、それなりに良かったので、夫に道東書院に行くのに、このツアーがいかにリーズナブルでいかに有効だったかを力説しましたが、夫は「道東書院に一日かけて行ったんやな?」と、、、 夫には無駄に時間を使ってあまり面白くいツアーだったようです。。。

確かに、、、ツツジ祭りで混んでいるなら仕方ないですが、ヌティナムテーマパークや科学館の無駄な時間を削って大見寺まで行きたかったです。



[PR]
by kaze-24 | 2017-04-18 13:05 | 2017.3 大邱 | Comments(0)

2日目(4) 国立大邱科学館@大邱シティツアー 2017/3/10大邱

3ヶ所目は国立大邱科学館です。
バスの中でガイドさんに年齢を聞かれました。「ナンピョンは67歳、私は64歳」と年齢は英語で、残念そうな顔で答えました。国立大邱科学館は65歳以上は無料になるのを知っていたので、、、
固有数字は29迄しか知りません。覚えようとしても頭に入ってこないのです。

d0115985_18113265.jpg
建物に入ると「ちょっと待っていて下さい」と言ってガイドさんは入館の手続きに行って、入場券がわりの紙バンドのパルチを持って戻って来ました。
「入場料は?」と聞くと「シニア、シニア」と。。。
ガイドさんの気遣いがちょっとうれしかったです。

科学館の展示室は2階、1階は入場料がかかりません。
1階ロビーに入るとフーコーの振り子とか、、、
正面のガラスドアの上の壁面のモニターには自分の姿と動物とが合成されて映し出されます。それを無邪気に撮るいい歳をしたふたり、、、
d0115985_12131515.jpg

ツアーの昼食はこちらの科学館のフードコートで。
ガイドさんがフードコートの場所を教えてくれて、2時まで自由時間です。

フードコートでメニューを選んでいると日本語で声をかけられました。科学館の館長さんでした。1980年代に日本に住んでいらしたそうです。シティツアーでここに来たことをお話したりしましたが「メニューも日本語の説明が必要ですね」とも言われました。そして科学館の裏で映画の撮影をしていると教えていただきました。

フードコートでは入り口を入ったところで注文して奥のモニターに番号が出たら取りに行きます。夫の牛プルコギトッパフはすぐに出てきたのに、私のうどんはなかなか番号が出ません。モニターの「待機人数」がゼロになったのを見て、忘れられてる!! 番号札を見せて催促、無事にお昼御飯にありつけました。
d0115985_12132599.jpg
水餃子入りうどん
d0115985_12133727.jpg
チャジャン麺とどちらにしようかと迷いましたが、、、まあ、どこにでもあるフードコートの味でしょう。。。

フードコートでまったりしていると、お揃いの赤いジャンバー姿の大勢の女性が食事にやって来ました。中には血糊を付けた人もいます。これは映画のエキストラに違いないと写真を撮ろうとしたら「写真撮らないで下さい」と後から来た男性に言われてしまいました。
d0115985_12134682.jpg
これは韓国語のわからない夫が撮ったもの、、、ブログにそーーーっと載せてしまいます。

食事が済んで2階の展示室へ
d0115985_12135811.jpg
d0115985_12140814.jpg
d0115985_12141570.jpg
感想は、、、、うーーーん、、、言葉もわからないし、、、もともと興味もないし、、、
同行のご夫婦も時間をもて余しているように見えました。

映画の撮影のほうがずっと興味深かったです。でも、セットがあるバックヤード側の窓にはカーテンが下ろされていて
d0115985_12142455.jpg
要所要所に映画のスタッフが目を光らせています。
d0115985_12143158.jpg
隙間から覗いた感じでは、北朝鮮が舞台のアクション映画のよう、、、

時間をもて余して早めに駐車場に出たところ、撮影隊の車両が並んでいるのが見えました。そうこうするうち、撮影が終わったのでしょうか、人々がやって来て、服を着替えて帰って行きます。
d0115985_18115385.jpg

後日、インスタグラムで#국립대구과학관をタップしていて見つけました!
「강철비(鋼鉄の雨)」というチョン・ウソン主演の映画で、3月7日から14日までこちらで撮影していたようです。









[PR]
by kaze-24 | 2017-04-16 16:06 | 2017.3 大邱 | Comments(0)

2日目(3) 道東書院@大邱シティツアー 2017/3/10大邱

2ヵ所目は道東書院です。

韓国の五大書院と呼ばれている書院のうち、今までに安東の陶山書院、屏山書院、慶州近郊安康の玉山書院、と3ヶ所の書院に行きました。まだ行ってないのは大邱の道東書院と栄州の紹修書院、大邱に行く機会があったら是非行こうと思っていたところです。
ここに行きたくてこのツアーに参加したのです。

高速道路をおりるとバスは田舎道を走って行きます。
そして道東書院に到着。
d0115985_11343994.jpg
道東書院について詳しくはこちら→やこちら→で。。。丸投げでスミマセン(汗;)

バスを降りると樹齢400年のイチョウの木が出迎えてくれます。
d0115985_11350546.jpg
孔子が学問をしていた場所にイチョウの木が植わっていたとかで、韓国では郷校や両班の韓屋村には必ずと言って良いくらい立派なイチョウの木があります。

広場の向こうには水月楼
d0115985_11351318.jpg

道東書院の文化解説士の方が説明して下さいます。
説明を聞いても理解出来ないでしょうから、ガイドさんに「必ず見るべきところを教えて下さい」とあらかじめお願いしておきました。
d0115985_11405715.jpg

d0115985_11352407.jpg

水月楼の門をくぐると喚主門
d0115985_11353150.jpg
とても小さな門です。
d0115985_11372281.jpg
自然と頭を下げて出入りするようにわざと小さくしてあるとか、、、解説士の方が実演して下さいます。
d0115985_11355673.jpg
門の上部には蓮の花の彫り物があって
d0115985_11373818.jpg
足元には蓮のつぼみ
d0115985_11373089.jpg

瓦を配したこちらの土塀は宝物第350号に指定されているそうです。
d0115985_11353953.jpg

講堂にあたる中正堂
d0115985_11374535.jpg
土台の石積みにはリスの彫り物。
d0115985_11383892.jpg
d0115985_11380029.jpg
d0115985_11381312.jpg
写真に写っているのがご一緒した御夫婦です。

中正堂の天井
「道東書院」という偏額も掛かっています。
d0115985_11382750.jpg

中正堂の向こうに見えているのが寄宿舎?東斎、反対側に西斎があります。窓があるのが西斎(たぶん、、、間違っていたらゴメンナサイ)、上級生の居室で、窓がない東斎が下級生の居室です。
d0115985_11385260.jpg
後ろ姿のアガシがガイドさん、解説士の方の説明を要所要所スマホの翻訳ソフトで翻訳して教えて下さいました。

中正堂の後ろに内三門
d0115985_11390377.jpg
門の向こうに金宏弼(キムグェンピル)が祀られている廟があります。今はいつでも中に入れますが、むかしは祭祀の時にしか入れなかった場所です。
d0115985_17235969.jpg
こちらでも解説士さんが実演してくださいました。
d0115985_17240761.jpg
階段の途中にある石の彫り物は羊、やさしい動物だからとガイドさんがスマホの翻訳で教えて下さいました。
d0115985_17241574.jpg
内部の建物の写真がない。。。
d0115985_11394292.jpg


屏山書院も書院の前に川があって楼門があって、講堂があってと同じような建物の配置なので、その事について質問すると、前に川があって後ろに山がある地形は風水で良いとされている地で、そういうところを探して建てるので建物の配置が似てくるのだそうです。

「道東書院は書院のなかで最大です」
陶山書院のほうが建物もいっぱいあって規模が大きかったような気がしたのでその事についてお聞きすると、陶山書院は建物の建った年代が新しくて、昔からある書院としては道東書院が最高だそうです。

以上、知っている限りの韓国語を駆使して、ガイドさんのスマホに助けてもらって解説士さんからお聞きしたことですが、思い違いとかあったらスミマセン。。。


喚主門の前から見た水月楼
屏山書院の楼門のほうが好きだわ。。。
d0115985_11395278.jpg

思っていた以上に楽しむことができて、大満足で道東書院を出ました。
もう少し予習してたらよかったのに、、、とか、日本語で解説が聞けたらもっとよかったのに、、、とかはちょっと思いましたが、、、
d0115985_11401290.jpg
もっと勉強して再訪したい場所です。

しばらく、洛東江の流れを眺めて、、、
d0115985_11403227.jpg
お世話になった解説士さんにお別れしてバスに乗り込み、次の目的地に向かいます。










[PR]
by kaze-24 | 2017-04-11 17:37 | 2017.3 大邱 | Comments(2)

2日目(2) ヌティナムテーマパーク@大邱シティツアー 2017/3大邱

東大邱駅のツアーバス乗り場を10時に出発したバスは最初の目的地、ヌティナムテーマパークに向かいます。

ヌティナム(欅)テーマパークは高速道路のSA玄風休憩所(현풍휴게소)にある樹齢500年の欅があるヒーリングスポットです。
ヌティナムテーマパークについて詳しくはこちらで→
d0115985_09144726.jpg
駐車場に着くとガイドさんに「先に化粧室に行ってからあちらの階段を上がって下さい」みたいなことを告げられて11時まで約30分の自由時間です。

化粧室は後回しにして休憩所横の階段を上がって行くと
d0115985_09145974.jpg
満開の白梅。

こちらの様子がわかる写真をあまりに撮ってなかったので韓国の方のブログ→の写真をお借りしました。
d0115985_09132188.jpeg
d0115985_09133740.jpeg
階段を上っていくと樹齢500年の欅の木。
先ほどのブログによると、韓国では燕山君が廃位されて中宗が即位した頃だそうです。
d0115985_16422281.jpg
まだ新芽を出していない冬枯れの木ですが、ずっとここで歴史を見続けている古木にパワーをもらいました。

欅の横にはプロポーズブリッジなるスポットがあって、まるい台にあがると音楽が流れます。南京錠が付けられる場所もあります。
d0115985_09135204.jpeg
橋を渡ると休憩所の屋上、欅の木にまつわる鬼の伝説のトリックアートがありました。
d0115985_09150912.jpg
青いテントの後ろが化粧室。

健康に配した小道を下ると
d0115985_09192686.jpg
目の前に洛東江の悠々とした風景が広がります。
d0115985_09152148.jpg

余裕で化粧室に行ってバスに戻ります。
こちらの休憩所の化粧室、個室にごみ箱が置いてありませんでした! 初めての経験です! ガイドさんに聞くと、最近ではそういった化粧室も増えて来てるとか、、、我々にとっては気を使うことが減って有難いことですが、個室から全く無くなるのも如何なものか?と思うのですが。。。









[PR]
by kaze-24 | 2017-04-04 14:29 | 2017.3 大邱 | Comments(2)

2日目(1) 大邱シティツアーピスル山コース 2017/3大邱

大邱2日目、この日は大邱シティツアーに参加します。
韓国でシティツアーに参加するのは慶州、三陟に続いて3度目です。

前々から道東書院に行きたくて、場所を調べたら大邱にある。。。 大邱に行く機会があったら絶対に行こうとずっと思っていました。

カカオマップで行き方を調べて見ると、地下鉄1号線で大谷駅まで行ってそこからバスを乗り継いで1時間27分、「급행(急行)8」というバスは15分ごとに出ていますが、問題は道東書院まで行く「달성(達城)4」というバス、配車間隔が150分、、、って2時間30分? その上韓国のバスには時刻表というものがない。。。
路線バスで行くのはとても無理です。
それならタクシーで、と調べて見ると、、、 大谷駅から38分、21500ウォンとでました。

これでは個人で行くのはちょっと大変です。ということでシティツアーを利用することにしました。
シティツアーピスル山コースは火曜日金曜日運行、ヌティナム(ケヤキ)テーマ公園 → 道東書院 → 国立大邱科学館 → ピスル山自然休養林 というルートです。
大邱シティツアーの日本語HPには詳しく載っていません(催行日間違っているし、、、)が、韓国語のHPには「前日13時まで予約者がいない場合、定期コースは運行しません(もちろんグーグルクロムの自動翻訳で読んでいます)」と赤字で注釈がついています。
運行日の前日の2時半に大邱に到着するので自分で予約するのは無理、、、そこで勝手にお世話になっているこちらのブログ→で紹介されていた 大邱市役所 観光文化財課の丸山雅子さんにメールで予約をお願いしました。

ツアーの集合場所は新南駅と東大邱駅の2ヵ所、新南駅が9時30分、東大邱駅が10時出発です。
新南駅はホテルから近いけれども集合時間が30分も早い。。。
どちらに行くかちょっと迷いましたが、ホテルから近い新南駅近くのシティツアーバス乗り場から乗ることにしました。

ホテルの前の大通りを西に行くと交差点の北東角にある南山駅のガラス張りの建物に着きます。
ホームに上がってモノレールの到着を待ちます。
d0115985_10184722.jpg

モノレールの到着は電光掲示板で知らせてくれます。
2駅手前ですね、到着までしばらく時間がありそうです。
d0115985_10190414.jpg
d0115985_09142585.jpg

対向車線にモノレールが入ってきました。
d0115985_10194198.jpg
車体の側面には「Calorful DAEGU」
大邱のキャッチフレーズですね。
d0115985_09143899.jpg

新南駅までは一駅、すぐです。
都市鉄道の連絡通路を通って(これは失敗、階段やエスカレーターを下りたり上がったり、さっさと3号線の3番出口から出て道を歩くほうが楽です)2番出口をでると、赤いシティツアーバスが見えてきました。
d0115985_16404547.jpg
バス乗り場にはこんなかわいい待ち合い所も、、、
カカオマップのロードビューにはなかったので最近できたのかな?
d0115985_16411709.jpg

バスに乗り込みます。
d0115985_16415180.jpg
ツアーガイドのアガシに名前を告げてツアー料金を支払います。料金は1人5000ウォン! 有難いです!

この日のツアー参加者は我々夫婦と大邱にお住まいの初老の御夫婦の4人、アガシに何人からツアーが成立するのかお聞きしたところ4人からだとか、、、御夫婦がいなかったら行けなかったところでした。
丸山さんにツアーの申し込みをしてからなかなか返事がなくてちょっと心配していたのですが、ツアーが成立しなかったからなんですね。。。

大邱シティツアーのHPには「前日13時まで予約者がいない場合、定期コースは運行しません」とはありますが、最少催行人員については書いてありません。なんともアバウト、韓国的だなあと変なところで感心してしまいます。

ツアーが成立したので文句は言いません。いえいえ、有難いです。感謝して参加します!

9時30分になってバスは東大邱駅に向かって走りだしました。













[PR]
by kaze-24 | 2017-04-02 12:37 | 2017.3 大邱 | Comments(3)
line

趣味のこと、旅のこと、くらしのつれづれを綴ります


by kaze-24
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite