風つうしん

kazetushin.exblog.jp ブログトップ

5日目(2)西面駅で出会った紳士と最後にやってしまった\(◎o◎)/話 2017.12.18釜山

ホテルに戻って荷物を受け取り、ロビーで荷造りして空港に向かいます。
前回釜山から帰る時はリムジンバスで金海空港まで行ったのですが、時間通りにバスが来なくてちょっと焦ったので、今回は時間が読める地下鉄と軽便鉄道を乗り継いで空港まで行くことにしました。

東横イン西面からまっすぐにキャリーバッグを転がして地下鉄の西面駅まで歩いていきます。
2号線の8番出入口の階段を降りていくと、コンコースの左右に改札口がありました。
「西に向かう列車に乗るのなら当然右側の改札口よね」と右側の改札口から入るとうまい具合にエレベーター乗り場でした。
ところが、、、エレベーターの横の案内の行き先を見ると「장산」とか書いてある、、、
チャンサン(장산/萇山)は確か2号線の終点、我々が行く沙上の反対方向のはず、、、

近くにいた韓国人の紳士に「ここから空港まで行けますか?」と聞きました。
髪をオールバックに撫で付けてウールのコートにアタッシュケースという我々の行動範囲ではあまりお見掛けしない「紳士」です。
紳士はうなずいて一緒にエレベーターに乗り込みました。
今までにも何度か利用しているのに、前日にも通ったのに、全く憶えていないのですね、2号線の西面駅はプラットフォームがひとつで両端に線路が走っているタイプの駅でした。

紳士にお礼を言おうとすると、目で「따라오세요(付いていらっしゃい)」と言います。
我が夫はなぜかホームに着いたらそこから動くのを嫌がります。電車を待つ間に降りる駅の出口に近いところまで移動したいのにガンとして動きません。そのために前日西面に着いた時も改札口を出てから階段を昇ったり降りたりして8番出口まで移動しました。
しかし、紳士の目ヂカラに夫も紳士の後に付いてホームを移動しました。

電車を待っている間に紳士が「ジャパン?」と聞いてきました。そうですと韓国語で答えましたが、紳士の声を聞いたのはこの時と後1度だけだったと思います。

電車に乗り込む時にもお礼を言って紳士とは離れた席に座りましたが、沙上駅近くになると我々に近付いてきてまた目で「付いて来なさい」と言います。

列車を降りると目の前にエレベーターがありました!
自信を持って「ついていらっしゃい」と目で言うだけのことはあります。
エレベーターを降りて改札を出ると、左に行くと空港へ行く軽便鉄道の駅、右に行くと西部バスターミナル。
壁にもハングル以外の文字もあったのか記憶がありませんが目立つところに案内がありました。

ところが紳士はまた目で付いて来なさいと言って右側のバスターミナルの方へ歩いて行きます。
あれっと思いながらもしばらく付いて歩いてちょっと大きめの声で「こうやって行けばスッキリと空港まで行けるのですね」と言うと紳士の前を歩いていた黒いマスクのアジュンマが振り返ってニヤッと笑った。。。

バスターミナルの手前で紳士が「where?(だったと思う)」と聞いてきました。「コンハン(空港)」と言うと紳士は驚いたように来た道を引き返しました。
「大丈夫です」と韓国語で言ったのですが、紳士はうなずくだけで来た道を引き返します。
「時間、大丈夫ですか?」と言ってもうなずくだけでズンズン歩いていきます。

地下鉄沙上駅の改札口まで戻ると軽便鉄道の方を指差して、ここでお別れしました。。。
「where?」と聞かれたということはバスのチケットを買うところまで面倒を見るつもりだったのでしょうか?


釜山では時々こんな親切な方に出会います。
友達との女子旅だと日本語のできる方がよく声をかけてくれます。
韓国の若い方の中にはそうした他人との垣根が低い釜山の人付き合いが嫌いだという方もいるようですが、旅行者としては嬉しくありがたいです。

でも夫と一緒の時に、しかも日本語の知らない方にこんなにもお世話になったのは初めての経験でした。


3年前の夏にも通った軽便鉄道への長い連絡通路を通って軽便鉄道に乗って、、、
無事に空港に到着。

することものないのでサッサと出国してしまいます。
保安検査場を通ってイミグレーションを出て気がついた!!!!!
保安検査場で脱いだコートがないことに、、、、
やってしまった\(◎o◎)/

イミグレーションの右側にデスクがあって人がいたので助けを求めました。
「置き忘れた」なんて洒落た言葉は知りません、とっさに浮かんだのが「잃어버렸어요(失いました)」
「中で服がなくしました」とかなんとか言ったら通じました(ホッ;)
デスクの方がなんと言ったかは憶えてないけれど、指示どおり隣のガラス戸から戻って中にいた係の人にパスポートを預けて、、、
保安検査場の方に「服なくしました」なんていい加減な韓国語で訴えたら、こんなアホな人、あまりいないんでしょうね、すぐにコートを持ってきてくださいました。
お礼を言って戻ろうとするとIpadを持ってきて、、、
まあ、検査場でバッグから出したIpadも取り忘れていたなんて、、、(汗;)
「あ、私のです、ありがとう!」と受け取ろうとすると「ぴみるぼの(秘密番号/パスワード)」と。。。
パスワードをタップしてめでたく画面が開いて無罪放免となりました。
パスポートを受け取って外に出て、、、
後は事件もなく(ってこれ以上なんかあったら困ります。。。)無事に日本まで帰ってきました。


あぶない、あぶない、、、
いよいよ危なくなって来たとか、、、

いえいえ、これからも細心の注意をはらって旅は続けマス!


最後に、、、
d0115985_20233401.jpg
飛行機の窓から見えた雲海と夕日、
あまりにきれいだったので窓側の席のアガシに断ってタブレットで写真を撮ろうとしたのだけれど上手くいかなくて、、、
アガシが見かねて代わりに撮ってくれました。

本当はもっともっときれいだったんですよ。











[PR]
by kaze-24 | 2018-02-20 20:59 | 2017.12 統営 | Comments(2)
Commented by 駐在おやじ at 2018-03-31 08:57 x
初めまして 駐在おやじ と言います。
僕たちが釜山に行く少し前に釜山に行かれてたんですね
しかし 保安所で コートはともかく I-Pad良く帰ってきましたね ^^ 親切な人たちで良かったですね
釜山は最近行きだしたので 土地勘がまだありませんが 親切な人多いですよね 僕も昔 助けてもらったことがあります ^^

  駐在おやじ
Commented by kaze-24 at 2018-03-31 09:36
駐在おやじさん
訪問ありがとうございます。
そういえば大邱のチキン屋さんでタブレット端末を置き忘れて取りに戻った記憶が、、、
地方が好きなので最近はソウル釜山は通過点になりつつあります。
美味しいものを食べたいのに年のせいでたくさんはいただけないのでお店選びは必須です。
これからも参考にさせていただきます。
line

趣味のこと、旅のこと、くらしのつれづれを綴ります


by kaze-24
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite