風つうしん

kazetushin.exblog.jp ブログトップ

3日目(5) 通度寺でお昼御飯をいただく

不二門を入ると遠く正面に大雄殿が見えます。
左手には一爐香閣。
d0115985_16174929.jpg

観光案内所で見るべきところを教えていただいた時、供養間(コンヤンガン)という所で無料の食事がいただけるとの情報をいただきました。
韓国のお寺でお昼御飯がいただけるというのはネットで読んだことがありますが、自分達がそんなことに遭遇するとは思ってもみませんでした。
時刻はちょうど12時前、お寺の食事を体験してみることにしました。

一爐香閣の横に地下にある供養間の入り口がありました。
d0115985_16164224.jpg


入り口を入ると広い食堂になっています。
d0115985_16164370.jpg

見よう見まねでステンレスのボウルを2つとスジョを取り、列に並んで白御飯をよそってもらい、キムチやナムルなどのおかずを御飯の上に載せて行きます。最後にもう1つのボウルに汁を入れていただき、各自ヤンニョムをとってビビンパッのできあがりです。
d0115985_16164318.jpg
デザートのトックもありました。

12時を過ぎると何処から来たの?と思うほど沢山の人が入ってきました。それまではおかずはセルフサービスで盛っていましたが係りの人がベルトコンベア式に配るようになっていました。
d0115985_16164397.jpg
後ろの調理室では食材がどんどん準備されています。
食事がすむと入ってきたところにある洗い場で食器を洗って出て行きます。

こちらは供養間の反対側の出入り口。
d0115985_16164313.jpg
特に美味しいものではなかったですが、面白い体験が出来ました。

[PR]
by kaze-24 | 2016-01-07 08:30 | 2015.12 釜山 | Comments(0)
line

趣味のこと、旅のこと、くらしのつれづれを綴ります


by kaze-24
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite